2021/02/26
誰にも言えない悩み    

一人で生きていく決意をした30代女性必見!メリットとデメリット・今からすべき準備を解説

一人で生きていく女性

「自分は一人で生きていくんだ」と思ったことのある女性は多いでしょう。

しかし、実際に一人で生きていく選択をする女性はごく一部。また、一人で生きていくと決断しながらも不安な気持ちになる人は多いと思います。

今回は、女性が一人で生きていくという決意をすることについて紹介していきます。

特徴やメリット・デメリットも紹介していくので、一人で生きていこうと思ったことのある人はぜひご覧ください。

director_koijma

金融ライター

YURINA

大手保険会社に勤めて6年目。本業の傍ら、保険を中心とした金融系のライターとして活動中。ネット上にあふれている情報の中には間違った情報も多く、そんな現状を打破することをモチベーションに執筆を行なっている。

大手保険会社に勤めて6年目。本業の傍ら、保険を中心とした金融系のライターとして活動中。ネット上にあふれている情報の中に...

「一人で生きていく」そう決意をしたものの、実際には少し不安を感じている30代女性も多いのではないでしょうか?今回は、そんなあなたに向けて役立つ情報をお届けします。

女性が一人で生きていく決意をする理由には何がある?

女性が一人で生きていく決意をする理由には何がある?

30代になると今後の人生について深く考える機会も増えてくるでしょう。どんな人生を歩みたいのか。

また、結婚する気はあるのかどうか。多くのことを考える中で一人で生きていこうと決断する女性はいます。そして、その決断には理由があります。

まずは、女性が一人で生きていく決意をする理由を紹介していきます。当てはまる項目があるかどうかチェックしていきましょう。

1:仕事が順調でキャリアウーマンとしての道が拓けた

仕事が順調で充実した毎日を送っているキャリアウーマンは、自分一人でも生きていけると感じます。

恋愛をすることにメリットを感じず、誰かと一緒に生きていくよりも自分一人の方が楽だと感じてしまうこともあるでしょう。

恋愛をする時間があるのならその時間を自分のキャリアアップのために勉強する時間に使いたい。

発想そのものが仕事中心となるのです。基本的にすでに仕事で成功しており、今後の道筋がある程度決まっている女性がこの理由に当てはまるでしょう。

2:失恋・離婚などでパートナーと別れた

失恋や離婚などパートナーと別れたとき、女性は一人で生きていこうと決意しがち。長い間一緒にいたパートナーと別れてすぐに、次の恋愛へと進める人はほんの一握りです。

多くの人は恋愛に疲れてしまい少し休みたいと思うでしょう。それと同時に今は恋愛よりも仕事を頑張りたいと思い、一人で生きるという決意をすることとなります。

3:もともと結婚に良いイメージを抱いていない

そもそも、結婚に対して良いイメージを抱いていない女性は、自分は一人で生きていくだろうと思っています。

このパターンの場合は、両親が離婚をしていたり、いつも喧嘩ばかりしていて結婚をしても幸せにはなれないと無意識のうちに感じていることが多いです。

また、親しい友人が離婚をして大変な様子を見ていて、「結婚をしてもいいことがない」と感じていることもあるでしょう。

身近に結婚をしたことで不幸になっている人がいた場合、自分もそうなってしまうと思い込む傾向があります。

4:結婚=幸せという価値観を持っていない

結婚願望の強い人は、根拠なく結婚=幸せだと思いがち。

しかし、一人で生きていく決意をする人は結婚したら幸せになれるという価値観を持っていません。もちろん、「ずっと一緒にいたい人ができれば結婚するのも一つの選択かもしれない」といった感情はあります。

ただ、結婚するほど好きではないのに年齢などを理由に結婚に踏み切るのはいいことではないとも思っています。このタイプは自立していることで結婚をせず一人で生きていくという選択をとっているでしょう。

5:恋活・婚活をしても良い相手と出会えなかった

恋人や結婚相手を探そうと必死に努力したのにその結果がついてこなかったとき、一人で生きていこうという決意をすることがあります。

「そもそも、結婚しても幸せになれるとは限らないし」「恋人を探すなんてバカバカしい」といったような諦めの感情が強くなります。

恋人探しをしていた女性が急に努力することをやめたとき、それは一人で生きていくことを決意した瞬間にもなるでしょう。

6:ペットなど恋人以外の心の支えがある

恋人やパートナーがいなくても、ペットがいれば寂しくないと思う女性は多いです。

ペットは浮気もしませんし、喧嘩になることもありません。そして、何よりも「自分がいなければこの子は生きていけない」といった庇護欲を抱いてしまいます。

「仕事で嫌なことがあっても家に帰ってペットと触れ合えば癒される」この状態がパートナーが不要だと思う理由です。ペットは人間以上のパートナーとなってくれますよ。

7:頼りになる身内がいなくなった

親や兄弟などの自分が頼りにしていた身内がいなくなったら、「これからどうすればいいのか…」と不安になってしまいます。

しかし、それと同時に自分一人でどうにかしなければならないという覚悟をすることにもなるでしょう。

30代になってから新しく仲間を作るのも面倒くさいし、今更他人と深い関係になるのは難しい。こういった考えの方は一人で生きていく決意をすることが多いでしょう。

女性が一人で生きていくことのメリット

女性が一人で生きていくことのメリット

一人で生きていくと決意しても、何かしらの不安はあることでしょう。また、一人だからこそ不便に思うことがあるのではないかと思うかもしれません。

しかし、女性が一人で生きていくことにも当然メリットはあります。

ここからは、女性が一人で生きていくことのメリットを紹介していきますね。ぜひ参考にしてみてください。

1:お金も時間も自由に使える

一人で生きていくということは、自由を手にするということでもあります。

お金も時間も自分の好きなように使っていいのです。結婚をして家庭を持つと、どうしても我慢をしなければならない場面があります。

勿論、家事も育児も全てしてくれて、高収入の人と結婚すれば自由になる部分はあるでしょう。ただ、そんな人はほとんどいません。

多くの女性は自分の時間を犠牲にして、欲しい物を我慢して生活しています。一人で生きていけば、お金も時間も自由になりますよ。

2:自由に恋愛をできる

自由に恋愛をできるのも、一人で生きていくことのメリットです。結婚をしたときは、パートナー以外のことを好きになるわけないと思うことでしょう。

しかし、結婚してからパートナーの性格に変化があったり、パートナー以外の人を好きになってしまう可能性もありますよね。

ただ、結婚していることで自由に恋愛をすることさえできなくなってしまうのです。一人で生きていれば、気にすることなく恋愛を楽しめますよ。

3:他人の人生を背負う必要がない

結婚をするということは、パートナーの人生も背負うことでもあります。

結婚式の誓いの言葉にもある「病める時も、健やかなる時も」というのは、相手の人生も一緒に背負っていくという意味も込められているのです。

また、同時に相手の親の介護や子供を育てる義務など、他人の人生を背負うこともあるでしょう。

一人で生きていけば、自分の人生を背負っているだけなので気楽になれますよ。

4:自立をしているという自信が持てる

一人で生きていくということは、自立をしているということでもあります。

そのため、一人で生きていくという決意をすることによって、自立できていると自信を持てるようにもなります。自分に自信を持つことができ、多くのことにチャレンジすることもできるでしょう。

自信を持つことに対して悪いことはありません。心の中で誇れるものができるのは一人で生きていくことのメリットですね。

5:面倒な人間関係で悩まない

誰かと一緒に生きていくことで避けられないのが、人間関係のトラブルです。

人はそれぞれ考え方や価値観が違うため、意見がぶつかることもあるでしょう。また、親戚やパートナーの両親となど付き合う人が増えることによって人間関係も複雑になります。

一人であればそういった人間関係からも解放されるでしょう。人間関係が面倒だと感じている人であっても、一人で生きていけば気にする必要はなくなってきますよ。

6:こだわりの持った生活が送れる

日々の生活に対してのこだわりが強い人は、一人で生きていく方が楽だと感じることでしょう。

誰かと一緒に生活していると、どうしても合わせなければならない部分があります。生活リズムが合わずに離婚をする人もいるくらい、生活リズムは重要なことです。

特に、こだわりが強い人は人に合わせることにストレスを感じやすい傾向にあります。こだわりが強い人にとって、自分の好きな生活が送れることは大きなメリットですね。

女性が一人で生きていくことのデメリット

女性が一人で生きていくことのデメリット

女性が一人で生きていくことにはたくさんのメリットがありましたね。

しかし、メリットがあればデメリットもあるもの。また、一人で生きていくことというと最初に思いつくのはデメリットかもしれません。

ここからは、女性が一人で生きていくことのデメリットについて紹介していきますね。

一人で生きていくことに対するイメージに当てはまるものもあるでしょう。ぜひチェックしてみてください。

1:両親の介護など一人で背負うことになる

自分の両親に介護が必要となったときなど、一人で背負うことになるのは一人で生きていくことのデメリットです。

兄弟がいたとしても、結婚をしていたりすると、シングルの人に負担が偏ってしまいます。

また、同居をしていた人が親の面倒を見るのが当たり前といった風潮もあるので、余計に大変なことになるでしょう。

親の介護をしつつ生活のために働かなければならない。介護と仕事に追われる毎日が辛く感じてしまえば精神的に追い詰められます。

2:老後の賃貸契約やローンが通りにくくなる

年齢を重ねるにつれて、賃貸契約やローンは通りにくくなります。

老人の一人暮らしもありますが、家主の多くは入居者の子どもを保証人にすることを求めます。一人身だと若い人に保証人になってもらうことも難しく、住む場所に困ることになるかもしれません。

また、家電などが急に壊れたとき、ローンで購入することができなくなることもあるでしょう。それなりの貯蓄がなければ老後の暮らしは大変になってしまいそうですね。

3:周囲からの視線や世間体が気になる

結婚しない女性は昔よりも増えてはいるものの、まだまだ女性は結婚して子供を産むことが幸せだと思っている人は多いです。

そのため、一人で生きていくと決意しても、周囲からの視線や世間体は気になってしまうもの。

寂しい人だと言われることもあり、周囲の視線を気にせず自分の意思を貫ける人でなければしんどくなるかもしれませんね。

4:老後に頼れる人がいなくて不安になる

結婚をしない選択をした場合、老後を一人で過ごす可能性は高くなります。何か困ったことがあっても頼れる人がいなくて、不安になってしまいます。

兄弟がいる場合は頼ることもできます。しかし、結婚をしてパートナーがいて孫までいて幸せそうな兄弟を見たらなんだか寂しくなってしまいますよね。

いつの間にか連絡を取らなくなり、その結果頼れる人が周囲にいなくなることも考えられるでしょう。

5:一人で過ごす日が寂しく感じる時が来るかもしれない

今は、仕事やプライベートが充実していて結婚に対する憧れもないかもしれません。

また、一人でいても寂しさを感じることはなく、反対に楽に感じることでしょう。しかし、年齢を重ねるにつれて一人で過ごす時間を寂しく感じることがあるかもしれません。

今はまだ、周囲に結婚していない女性もいるでしょう。ただ、年齢を重ねるにつれてシングルの女性は減ってしまいます。

気づいた時にはみんなパートナーがいて楽しそうにしていて、自分だけ取り残されたことに寂しく感じてしまうかもしれませんよ。

一人で生きていくことを決めた女性が今からしておきたいこと

一人で生きていくことを決めた女性が今からしておきたいこと

女性が一人で生きていくことについて、メリットとデメリットを紹介しましたがいかがでしたか?何事にもメリットデメリットはあり、大切なのはその両方を理解した上で人生を楽しむことですね。

また、女性が一人で生きていくために今からできることがあります。10点紹介していくのでぜひ実践してみてくださいね。

1:将来の住居を今から用意しておく

生きていく上で必要となるのが住む場所です。今は賃貸を借りるのも難しいことではないでしょう。しかし、先ほども紹介したように年齢を重ねるにつれて賃貸契約は難しくなります。

老後に新しく住む場所を探すことは難しいと考え、今のうちにマンションを購入したりマイホームを購入したりして住居を用意しておきましょう。

住む場所を確保しておくだけでも、将来に対する不安はなくなりますよ。

2:仲の良い友達を作っておく

仲の良い友達を作っておくのも、一人で生きていく女性が早めにしておきたいことです。

一人で生きていくという選択をしたとしても、誰とも関わらずに生きていくわけではありませんよね。人生を楽しむためには友人との時間も必要となるでしょう。

深刻なことであっても相談し合えるような、信頼できる仲のいい友達がいれば老後も心強いですね。一生の付き合いができるような友達を作っておきましょう。

3:健康管理を徹底する

一人で生きていく人が困るのが、体調を崩して働けなくなることです。働かなければ生きていくためのお金を得ることができず、困ってしまうことでしょう。

誰かが変わりに健康管理をしてくれるわけでもないので、自分で徹底することが大切。

軽い運動を日常に取り入れて、バランスの取れた食生活を送ることで健康的な体を作ることができます。年齢を重ねてからも続けやすい運動を生活の中に取り入れておくと、将来的に楽になりますよ。

4:お金の管理と計画は綿密に行う

生きていくために必要なのはなんと言ってもお金でしょう。

一人で生きていく場合、お金は自分でどうにかしなければなりません。急にお金が必要になることもあるので計画的に貯金をしていく必要があります。

また、将来必要となるお金を考えておくことも重要ですね。お金の管理と計画は綿密に行っていて損はありません。

貯蓄が多くて困ることはないので、よく考えておきましょう。

5:何が起きても自分で解決する覚悟を持つ

女性が一人で生きていくためには、何が起きても自分で解決するという覚悟を持たなければなりません。

どんなに大変なことがあったとしても、誰かが勝手に解決してくれることはないでしょう。助けてくれる人はいたとしても、最終的には自分で決断しなければなりません。

また、自分が望んでいることを他人がしてくれるかどうかは分からないので、一人でどうにかする覚悟を持っておく必要はあるでしょう。

誰かが何とかしてくれるのは若いうちだけです。年齢を重ねるにつれて、自己解決をすべきことはどんどん増えていく覚悟を持ちましょう。

6:お金に困らない職に就く

女性が一人で生きていくと決意したのなら、お金に困らないような職に就きましょう。例えば、年金などが多い職を選んでおくと老後の生活も安心ですね。

反対にキャバクラなど若いうちはお金に困らなくても、年齢を重ねるにつれて給料が減ってしまうような職種はおすすめできません。

理想なのは年をとってからも必要とされるような仕事であり、企業年金があったりと老後の心配がいらない職業です。

7:保険に加入して将来の貯蓄を確保する

貰える年金は年々下がっており、昔ほど期待できるものではなくなりました。受給できる年齢が上がることも考えられるため、年金にばかり頼ってはいられません。

自分で保険に加入しておくなど将来の貯蓄を確保しておくことが大切です。銀行に貯金をしておくこともいいですが、もしものことを考えて貯蓄と保険に分けておけばリスクも軽減できますよ。

8:両親の老後についての話し合いをする

女性が一人で生きていく決断をしたら、両親の老後についての話し合いもしておきましょう。

兄弟がいる場合は誰が面倒を見るのかどうか。また、一人っ子の場合は自分が介護をするのか。それとも、介護施設などにお願いするのか。

あらかじめどうするのかを決めておくことによって、いざ両親に介護が必要となったときに困ることを防げます。

また、話し合いをしておくことによって金銭的な計画も立てることができるでしょう。

9:何か挑戦したいことを見つける

何か挑戦したいことを見つけておくのも、一人で生きていくと決めた人におすすめの行動です。

一人で生きていく場合、何かしらの目標があれば毎日を楽しく過ごすことができるでしょう。また、生きがいを感じることもできます。

一人で過ごす人生がより楽しいものとなるよう挑戦したいことを見つけておきましょう。すぐに実行できないようなことでも構いません。暇になったときに挑戦してみるくらいでもいいのです。

10:周囲に結婚はしないと宣言しておく

周囲に結婚はしないと宣言しておくのも、女性が一人で生きていくことを決意した場合にするべきことです。宣言をしていないと、周囲からは結婚したいけど相手が見つからないだけだと思われてしまいがち。

その結果、お見合いの話を持ちかけられたり「いつ結婚するの?」と何度も聞かれてしまうことがあります。

自分は結婚しないと言っておくことによって、余計なストレスを溜めることを回避できますよ。

一人で生きていくのに向いている女性の特徴

一人で生きていくのに向いている女性の特徴

一人で生きていけるのに向いている女性、向いていない女性がいます。不向きであるのに無理に実行しようとすると、反対に生きづらく感じることもあるでしょう。

ここでは、一人で生きていくのに向いている女性の特徴について紹介していきます。一人で生きていこうと思っている女性は、自分に当てはめながらご覧ください。

1:マイペースな性格

基本的に一人で生きていける女性はマイペースです。人のペースに巻き込まれて自分を見失うことはありません。

どんな状況であっても冷静に自分が選択する道を選ぶことができます。周囲の意見に一喜一憂することもなく自分の意思を貫くことができるでしょう。

一人身だと周囲から噂をされたり、お節介な人から結婚を勧められることもあるでしょう。また、不用意に焦ることもないので自分の生きたい人生を楽しむことができますよ。

2:他人の価値観に振り回されない

他人の価値観に振り回されないのも、一人で生きていくのに向いている女性の特徴です。

人それぞれ価値観は違います。他人がイエスだと言うことであってもあなたにとってはノーかもしれません。

人生の中でどの選択をするかはあなたが決めるべきであり、他人の価値観に振り回されるべきではありません。

また自由に生きることができる「一人で生きていく」という選択をしたのに、他人に振り回されては意味がありませんよね?

3:1人でも楽しめる趣味を持っている

一人で生きていける女性は1人でも楽しめる趣味を持っています。

いつも誰かと一緒でないと楽しめないタイプではなく、一人でも何かを楽しむことができます。

例えば、旅行が趣味の人の場合、一人で生きていける人は一人旅をすることができます。

反対に一人で生きていけないタイプの人は、誰かと一緒でないと旅行に行かないのです。

また、一人で楽しめる趣味を持っていることによって自分でストレスを発散させることができ、生きやすくなりますよ。

一人で生きていくのに向いている職業

一人で生きていくのに向いている職業

女性が一人で生きていく場合、自分自身の力で収入を得る必要があります。

そのため、どんな職業を選ぶのかが重要となってくるでしょう。ここでは、一人で生きていくのに向いている職業を紹介していきますね。

最近、一人で生きていくことを決意した人は、自分の仕事についても見直してみるといいですね。

1:自営業やフリーランス

自営業やフリーランスなど、自分のペースでできる仕事はおすすめです。職場内に嫌いな人がいたりと人間関係で揉めることを避けることができます。

また、自分の目標とする収入に合わせて仕事の量を調整することが可能なのもいいですね。

当然、自営業だから大変な思いをすることもあるでしょう。しかし、一人身だからこそ挑戦できることでもあるのです。

2:自分が心からやりたい仕事

一人で生きていくのなら、自分が心からやりたいと思う仕事を選びましょう。

もし、その仕事に失敗したとしても誰に迷惑をかけるわけでもありません。誰かの人生を背負っているわけでもなく、全て自分の責任です。

一度しかない人生です。自由に生きられる選択をしたのであれば、自分がやりたいことを選んでいきましょう。

たとえ多くの収入を得ることができたとしても、自分のやりたくない仕事であれば楽しさを感じることはできませんよ。

3:公務員

やりたい仕事がないという人は、公務員になってみるのもいいですね。公務員は安定した仕事です。

休みもきちんとありますし、ボーナスもあります。給料的にも安定した生活を送れるので、女性が一人で生きやすい職業となります。

ただ、公務員になるためには基本的に公務員試験に合格しなければなりません。

臨時職員という手段もありますがそれでは安定した収入を得ることは難しいため、正規の公務員となれるよう努力してみましょう。

4:資格で働く職業

資格で働く職業も、女性が一人で生きていくにはおすすめです。

資格があることによって年齢を重ねてからも就職先に困りづらいです。美容師や整体師などの資格に追加して技術が必要となる仕事であれば、年齢を重ねてからでも就職先はたくさんあります。

技術職は若さよりも経験値を見る傾向が高いため、将来的に安心することができるでしょう。

5:誰かを助ける職業

誰かを助ける職業である、医療関係や保育関係の職業もおすすめですね。

どんな時代であっても医療の現場は必須です。医師や看護師などは必要とされます。特に看護師は女性が多く、結婚などで退職する人がいるので再就職もしやすいですね。

待機児童問題もある現代では、働く親をサポートしてくれる保育士は必要です。誰かを助けることができるだけでなく、いつの時代も必要とされるので将来性も安心できますよ。

監修者「YURINA」のまとめ

今回は一人で生きていく女性について紹介しました。結婚や出産という選択を取る女性が多い中、一人で生きていくという選択をすることにはそれなりの覚悟が必要です。メリットもデメリットもありますが、一人で生きていく選択というのは自分らしく生きていく道を選ぶということでもあります。簡単な選択ではありませんが、自分らしく生きていくために選択したのであればあなたの将来は明るいものとなるでしょう。

この記事の監修者

director_koijma

この記事の監修者

金融ライター

YURINA

大手保険会社に勤めて6年目。本業の傍ら、保険を中心とした金融系のライターとして活動中。ネット上にあふれている情報の中には間違った情報も多く、そんな現状を打破することをモチベーションに執筆を行なっている。

大手保険会社に勤めて6年目。本業の傍ら、保険を中心とした金融系のライターとして活動中。ネット上にあふれている情報の中に...

おすすめ記事

【30代女性向け】どこか冷めてる人の性格・特徴9選!本当は優しい人が多いって本当?上手に付き合うコツもご紹介

「どこか冷めているね」そんな風に言われたことはありませんか? 自分では普通に過ごしているつもりでも、他人か

【30代女性向け】話が面白くない人の13の特徴!つまらない人の共通点とは?今日からできる改善方法も徹底解説

「面白い話ができない」「話していても相手が楽しくなさそう」そんな悩みを抱える30代女性は多いです。女性にとってお

自分のことが大嫌いな30代女性の特徴24選!原因や克服するための17の方法を徹底紹介

「自分のことが大嫌い」「自分に自信を持てない…」「自分の全てが嫌い」そんな風に悩んでいる30代女性は多いと思いま

【悩む30代女性必見】攻撃的な人の末路とは?実は弱いって本当?心理・特徴・上手な接し方を徹底解説

何かと威圧的な態度を取ってきたり、冷たい言葉を投げつける攻撃的な人っていますよね。何かした心当たりもない場合には

人間関係に疲れた30代女性必見!疲れる原因と切ってもいい5つの人間関係を徹底解説

「人間関係に疲れてしまった」そんな風に思ってしまうことはありませんか? 30代は人生の中でも忙しい時期であ

熱しやすく冷めやすい30代女性の長所と短所12選!恋愛における特徴や上手に関係を続けるためのコツも徹底解説

熱しやすく冷めやすい人を見かけたことはありませんか?また、自分が当てはまっていて悩んでいる30代女性もいることで

【30代女性必見】人から嫌われる理由とは?嫌われる人の特徴18選!嫌われた時の対処法も徹底解説

「最近人と関わることが減ってきたけど、もしかして嫌われている?」そのような悩みを抱えた30代女性も多いでしょう。

「なんか辛い…」そんな30代女性に試してほしい10の行動!乗り越えるための考え方アイディア17選も徹底解説

「なんか辛い…」毎日毎日、漠然とした辛さ悩んでいる30代女性もいるでしょう。仕事やプライベートで忙しい時期である

【30代女性向け】コミュ障の原因・特徴・克服する12の方法!コミュ症との違いやおすすめの仕事も徹底紹介

あなたはコミュ障という言葉を知っていますか?SNS上などで使用されることの多い言葉ですが、本来の意味を知らずに使って

メンタルの弱い人から強い人になる!30代女性ができる15個の方法を解説

他人から否定されたりしたときに、「自分はダメな人間だ…」と感じたことはありませんか。打たれ弱く、心が繊細な方はち