2019/11/29
恋愛・結婚

30代女性におすすめの恋愛映画・DVD20選!大人の胸を高鳴らせるラブストーリー

恋愛映画 邦画

30代の女性におすすめの恋愛映画を紹介します。20代の頃とは違い、酸いも甘いも知った30代だからこそ共感できる映画をセレクトしてみました。ロマンティックに、切なく、激しく、美しく、おかしく、時に淫らに、そして醜く……胸キュンの恋愛を味わってみませんか?刺激やときめきが欲しい、そんな夜や休日は映画の世界へ!

mishima

ライフスタイルコーディネーター

ミシマ

会社員を5年務めたのちに出産を機にライフスタイルを提案するライターに転身。提案ジャンルは日用品の商品紹介、家事、アウトドア、転職、副業、漫画、アニメなど。日々が楽しくなるような情報をお届けします。

会社員を5年務めたのちに出産を機にライフスタイルを提案するライターに転身。提案ジャンルは日用品の商品紹介、家事、アウトド

ときめきが欲しいなと思った時、乾いた心を潤してくれるのが恋愛映画。邦画の恋愛映画はときめきの宝庫♪見終わった後に聖地巡りをしてみるのもおすすめです。洋画の恋愛はとにかく酔いしれたもの勝ち!細かいことは気にせず、ときめき溢れる時間を楽しみましょう!

30代女性におすすめの邦画10選!

繊細な心情の創り込みは日本ならでは!切ないラブストーリーや、屈折した愛、時には純愛ものを見てうっとりした気分になるのもいいですね。

ピースオブケイク

ピースオブケイク

制作:2015年
監督:田口トモロヲ
原作:ジョージ朝倉
キャスト:多部末華子、綾野剛、松桃季ほか

あらすじ
同名のコミックを映画化。
これまで流されるままに生きてきた志乃が心機一転させようと転職&引っ越し。お隣さんの男が気になっていたらなんとバイト先の店長!「心に風が吹いた」と感じたけれど、彼には彼女がいて……。

30代におすすめのポイント

大人の恋愛の「あるある」が詰まっています。「ちゃんとした恋をしなくちゃ」って思っているのにできないヒロインに共感しかありません。
好きだからこそ、きれいなだけではいられない、好きだからこそみっともないことをしてしまう、好きだからこそ苦しい……。
とくに志乃役の多部末華子さんの熱演は必見です。そしてキスシーンがエロい♪
音楽も映画を盛り上げつつ決して邪魔をしなくて評価が高いです。

 

脳内ポイズンベリー

脳内ポイズンベリー

制作:2015年
監督:佐藤祐市
原作:水城せとな
キャスト:真木ようこ、西島秀俊、古川雄輝ほか

あらすじ
同名コミックを映画化。
主人公の携帯小説家で30歳のいちこは7歳年下の早乙女に恋をする。いちこの癖は脳内会議。「理性」「ポジティブ」「ネガティブ」「衝動」「記憶」の5人のメンバーが彼女の頭の中でせめぎ合い、翻弄する。
なんとか早乙女に声をかけ、体の関係を作るけれど、「(30歳とか)ないわー」と残酷にも言われてしまう。彼女の恋の行方は?

30代におすすめのポイント

見所はなんといってもわちゃわちゃしたいちこの脳内会議。爆笑必須のコメディ映画です。しかし、ただ笑うだけではなく、いちこの苦悩や彼女の下した決断の描写の雰囲気もたまりません。
妄想癖があったり脳内会議をよくやったりする人にはうなずける部分も多いでしょう。
そして、観終わった後に「もう少し自分に正直になってみようかな」と思えるはず。

 

花宵道中

花宵

制作:2014年
監督:豊島圭介
原作:宮木あや子
キャスト:安達祐実、淵上泰史、小篠恵奈ほか

あらすじ
同名小説を映画化。
舞台は江戸末期。新吉原の花魁を淡々とこなす朝霧は半次郎と出会ったことから変わってゆく。堅気ではない半次郎との恋は実るのか?そして、彼女の身体にはある秘密があって……。

30代におすすめのポイント

吉原が舞台と言うことでとにかく映像がきらびやかで幻想的です。光と影の演出がとにかくたくみでひきこまれます。そして道中シーンは必見!
原作となった小説は「女による女のためのR-18文学賞」を受賞しただけあって、ストーリーもかなりエロティック。そして心理描写もきめ細かいです。
それを安達祐実が熱演!小柄な彼女だからこそ、花魁の衣装が映えています。
生々しさと純愛が同居する映画です。

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

ぼくはあした

制作:2016年
監督:三木孝浩
原作:七月隆文
キャスト:福士蒼汰、小松菜奈、山田裕貴ほか
あらすじ
同名小説を映画化。
京都の美大生、南山高寿は通学途中に福寿愛美に一目ぼれする。勇気を振り絞って声をかけ順調に交際をスタート。初めてのデート、初めて手をつなぐ、初めての名前呼び……ちょっとしたことで涙ぐむ彼女に違和感を抱えつつも幸せな日々だったけれど、ある日「わたし、あなたに隠していることがある」と打ち明けられる。

30代におすすめのポイント

序盤は甘酸っぱく幸せな恋を京都の美しい町並みを背景に存分に楽しんでください。そして中盤、福寿が秘密を打ち明けてからが本番です。
30日間という限られた時間の中で精いっぱい恋をする2人の切なさを存分に味わってください。
謎めいたタイトルですが、中盤で意味が分かるとゾクゾクします。見終わった後にすぐもう1度観たいと思える映画です。ぜひ一度目は南山目線で、二度目は福寿目線で楽しんでください。

 

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し

制作:2017年
監督:湯浅政明
原作:森見登美彦
キャスト:星野源、花澤香菜、神谷浩史ほか

あらすじ
同名小説をアニメ映画化。
舞台は京都。後輩の『黒髪の乙女』に思いを寄せる大学生の『私』。『私』は『黒髪の乙女』の視界に入ろうと先斗町、古本位置、学園祭さまざまな夜を超えていく。
暗躍するズボン泥棒、詭弁論部、三階建の叡山鉄道の主の李白、韋駄天炬燵、古本位置の紙……ハッピーエンドはどこにある?

30代におすすめのポイント

舞台が京都といってもNEO京都ともいうべきちょっとファンタジーが入ったストーリーです。難しいことは抜き!頭を空っぽにして楽しむのがおすすめです。
少しクセの強い絵柄、奇人、変人、怪人オンパレードで怒涛のセリフ回しのなか、一途に『黒髪の乙女』を追いかける『私』を見守りたくなってしまうはず。
途中まで取っ散らかって感じるかもしれませんが、音、映像、光をたくみ使い、ラストを盛り上げ、きちんと結末でまとめるのを見届けるととてもすっきりさわやか気分になれます。

 

寝ても覚めても

ねてもさめても

制作:2018年
監督:浜口竜介
原作:柴咲友香
キャスト:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史ほか

あらすじ
同名小説を映画化。
21歳の朝子は麦と恋をする。しかし、麦はある日突然姿を消してしまう。2年後、朝子は麦そっくりの姿の男、亮平と出会う。亮平は朝子に好意を寄せ、朝子は戸惑いながらも受け入れていくけれど……。

30代におすすめのポイント

先に言っておくと、亮平は「記憶喪失(もしくはその振りをしている)の麦」ではありません。東出昌大さんの一人二役の演技力に是非ご注目!
同じ顔で不実な元カレと積極的な新しい男に翻弄される朝子から目を離せません。朝子の少しずるいところも含めて心理描写がとてもたくみに描かれているのに、朝子の行動や判断が予想できないので、ハラハラドキドキを楽しめます。

 

LOVE MY LIFE ラブ・マイ・ライフ

LOVE MY LIFE

制作:2006年
監督:川野浩史
原作:やまじえびね
キャスト:吉井怜、今宿麻美、高橋一生ほか

あらすじ
同名の漫画を映画化。
舞台は吉祥寺。18歳のいちことエリーは女の子同士のカップル。いちこはママが死んだあと男手1つで育ててくれたパパにエリーのことを紹介します。
どんな反応をするか心配だったいちこですが、実はパパと亡くなったママも同性愛者だったとパパから告げられて……。

30代におすすめのポイント

レズビアン、ゲイ、そしてノンケの日常を淡々と描いた映画です。少し体温の低い雰囲気が「そういう愛もあるよね」とするりと心に入ってきます。
性的マイノリティが題材ですが、激しい主張や重さや暗さがなく、爽やかにまとまっていてとても甘酸っぱい!
自分らしさってなんだろう?と、久しぶりに自分を見つめ直したくなりますよ。

 

愛がなんだ

愛がなんだ

制作:2018年
監督:今泉力哉
原作:角田光代
キャスト:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣ほか

あらすじ
同名小説を映画化。
主人公のテルコはとにかく恋した男、マモルが最優先。クビになりかけても、友達から呆れられても守る一筋。しかしマモルにとってテルコはただの都合のいい女。
ようやく急接近を果たしたものの、ある日マモルからの連絡が途絶えてしまう。

30代におすすめのポイント

アラサーのテルコの愛がとにかく重い。一途と言えば聞こえはいいけれど、一周回ってギャグの域ですらあります。「恋は盲目」と言う言葉がぴったり。
そして、直木賞作家の小説が原作なだけあって心の機微の演出が素晴らしいです。中盤の奇妙な三角関係もなかなかに笑えます。
叶わない恋に振り回されるテルコ、好意を逆手にとって都合よく扱うマモル、映画故に誇張はされていますが、どこか身に覚えがある人も多いのでは?

 

フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳

制作:2019年
監督:三木孝浩
原作:百田直樹
キャスト:神木隆之介、有村架純、志尊淳ほか

あらすじ
同名小説を映画化。
主人公の孤独な青年、木山信一郎は「もうすぐ死ぬ人間が透けて見える」不思議な瞳、「フォルトゥナの瞳」の持ち主。桐生葵と出会い、ひかれあって幸せな日々を送るけれど、葵の身体透けているのに気が付く。運命を変えることができるのか?

30代におすすめのポイント

望まない能力に苦悩しながらも葵と出会い、生きる楽しさを見出していた信一郎を襲う皮肉な運命にハラハラドキドキ。自分ならばどうしたかなと考えながら観てしまいます。そして、全部観終わった時、「あの時、どんなつもりであのセリフを言ったのだろう」とあれこれ考え続けてしまうでしょう。切ない想いにどっぷりとつかりたい人向けです。

 

昼顔

昼顔

制作:2017年
監督:西谷弘
キャスト:上戸彩、斎藤工、伊藤歩ほか

あらすじ
テレビドラマ「昼顔 平日午後三時の恋人たち」の劇場版です。
不倫関係だった木下紗和と北野雄一郎。紗和と北野は別れ、別々の場所で生活すること3年。夫と離婚し静かに暮らす紗和は偶然北野に再び出会う。互いに心を残しながらも分かれた2人、普通の恋愛ならばここでハッピーエンドだけれど……。

30代におすすめのポイント

清純派女優の上戸彩が不倫に身を焦がす女性役を熱演!不倫がテーマなので重いですが、禁断だからこその燃え上がるさまが楽しめます。
テレビドラマの3年後という設定ですが、ドラマを見ていなくても大丈夫なつくりになっているので安心してください。
ドラマでファンだった人はもちろん、未視聴の人でも十分に楽しめます。

 

30代女性におすすめの洋画10選!

30代の女性におすすめ、恋愛を扱った洋画を紹介します。洋画ならではの美女、イケメン、お洒落な雰囲気、そしてロマンティックな展開に思いっきり浸ってください。

ラ・ラ・ランド

らららんど

思わず踊りだしたくなるような恋の行方は?

監督 デミアン・チャゼル
脚本 デミアン・チャゼル
出演者 ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンドほか

あらすじ
女優の卵とピアニストの恋愛を季節の移り変わりを通して追った1年+αの物語です。
舞台はロサンゼルス。高速道路の大渋滞の中、女優の卵であるミアはセリフを覚えようとしていますが、後続車のピアニスト志望の男、セブに煽られて悪態をついたところから2人の縁は始まります。

30代におすすめのポイント

第73回ヴェネツィア国際映画祭りのオープニング作品、第73回ゴールデングローブ賞では7部門、第70回英国アカデミー賞では6部門などとてもたくさんの受賞実績を持つミュージカル映画です。
タイトルの「ラ・ラ・ランド」はロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味します。作品内でも現実からナチュラルに夢の世界へといざなってくれます。
ダンスや衣装、音楽などにとても手が込んでいるので華やかな気持ちにさせてくれるでしょう。

 

そんな彼なら捨てちゃえば?

そんな彼

恋愛あるあるがたっぷり!

監督 ケン・クワビス
脚本 アビー・コーン、マーク・シルヴァース
出演者 ベン・アフレック、ジェニファー・アニストン、ドリュー・バリモアほか

あらすじ
好きな相手から連絡がもらえず、男心が理解できないジジは恋愛に四苦八苦。そんな彼女の同僚のベスは同棲7年目の恋人と結婚できずに悩み……恋愛に悩む男女の本音を描き出した群像劇。

30代におすすめのポイント

何とも潔いタイトルですが、原題の直訳は「彼はあなたに興味がない」と、さらに辛辣。それぞれの不器用な恋の仕方が共感しかありません。万国共通のリアルさがあります。登場人物みんなハッピーエンドと言うわけにはいきませんが、視聴後の余韻が素晴らしいです。
豪華な出演陣にもご注目。
男性の本音が知りたい人、甘々の燃え上がるようなストーリーは白けてしまうという人にもおすすめです。

 

アデル、ブルーは熱い色

アデル

フランス映画はとにかく濃い!どっぷり嵌ろう。

監督 アブデラティフ・ケシシュ
脚本 アブデラディフ・ケシシュ、ガーリア・ラクロワ
出演者 アデル・エグザルコプロス、レア・セドゥー、サリム・ケシュシュほか

あらすじ
文学少女アデルは友達と恋バナに興じたりデモに参加したり恋愛をしたりと高校生活を謳歌するものの、どこか満たされない。そんな彼女はある日、ブルーの髪を持つ女性、エマに強く惹かれるが……。

30代におすすめのポイント

第66カンヌ映画祭でパルム・ドールを獲得。
過激な性描写故に咬合した映画館が少ない幻の映画です。セックスシーンがひたすら美しいのでぜひ見てください!
フランス映画らしく3時間の長丁場なのでどっぷりとはまれる環境を用意して挑みましょう。
カメラワークがとにかく近いので共感度抜群。アデルになりきって人を好きになったりドキドキしたり苦しんだりと濃い時間が待っています。

 

50回目のファースト・キス

50

記憶障害の女性と一途な愛を貫く男は今日もファースト・キスをする……

監督 ピーター・シーガル
脚本 ジョージ・ウィング
出演者 アダム・サンドラー、ドリュー・パリモア、ロブ・シュナイダー

あらすじ
ハワイを舞台にしたロマンティック・コメディ。ワンナイトラブを楽しむプレイボーイのヘンリーはある日、カフェでルーシーという女性と出会う。意気投合するけれど、翌日に顔を合わせるとルーシーはヘンリーのことを忘れていた。
ルーシーには記憶障害があり、昨日のことを一切覚えておくことができないのだった。

30代におすすめの理由

とにかくヘンリーが一途です。毎日毎日「はじめまして」からスタートし、愛を告白し続け、『ファースト・キス』をします。
この想いはルーシーの記憶障害を好転させることができるのか、それとも全くの無駄におわるのか……。
記憶障害の事実さえ覚えていられないルーシーが切なく、そして彼女の健気さも胸を打ちます。

 

幸せになるための27のドレス

幸せに

ロマンティック溢れるラブコメディで幸せになりたい人へ!

監督 アン・フレッチャー
脚本 アライン・ブロッシュ・マッケンナ
出演者 ハサリン・ハイグル、ジェームズ・マースデン、エドワード・バーンズほか

あらすじ
ジェーンは頼まれると嫌とは言えない性格のため、花嫁の付き添い人(ブライドメイド)を頼まれることが多く、クローゼットには27着ものブライドメイドのドレスが。
そんなジェーンがひそかに想いを寄せるのが上司のジョージだが、ある日彼女の妹があらわれてジョージに一目ぼれしてしまう。

30代におすすめの理由

結婚式シーンやドレスがたっぷりの映画なのでとっても華やかです。
また、おでこにシワを寄せて我慢するジェーン、セクシーな妹のテスといった顔芸も見所の1つ。
分かりやすいストーリー、テンポの良さ、上がり下がりの激しいジェットコースター展開と、コメディとしてもとても評価が高いです。

 

キャロル

キャロル

圧倒的女優力で見せる女同士の恋愛。

監督 トッド・ヘインズ
脚本 フィリス・ナジー
出演者 ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ、ジェイク・レイシー

あらすじ
1952年、冬、ジャーナリストを目指すテレーズはデパートでアルバイトをしていた。ある日、テレーズは娘へのプレゼント探すミステリアスな女性、キャロルに一目ぼれ。テレーズには恋人が、キャロルには夫がいるけれど2人は……。

30代におすすめの理由

第68回カンヌ国際映画祭1部門受賞。
1950年代のニューヨークを舞台にした女同士の美しい恋愛映画です。友情がやがて愛情にかわり、レズビアンという関係になっていく流れが構成、演出、そして演技が素晴らしいです。
男性陣は黒い色の服を着ている中、キャロルの赤いマニキュアがとても印象的です。テレーズの服が次第に華やかになっていく流れにもご注目。
複雑な事情をかかえたキャロル役のブランシェットの演技が見事の一言につきます。

 

ブリッジト・ジョーンズの日記

ブリジット

30代独身の女性を等身大に描くコメディ

監督 シャロン・マグワイア
脚本 ヘレン・フィールディング、アンドリュー・デイビス、リチャード・カーディス
出演者 レニー・ゼルウィガー、ヒュー・グラント、コリン・ファースほか

あらすじ
出版社で働く32歳独身のブリジットはセクシーな上司に憧れを抱いているけれど……。生活と体型がちょっとだらしないブリジットはいつまでもシングルではいけないと日記をつけ始めることに。

30代におすすめの理由

人気シリーズの第1作目。仕事も恋も怠けているつもりはなかったけれど、気が付いたら30歳を過ぎていた……不倫のお誘い、老化、キャリア、親の老後とブリジットの悩みは尽きません。そんな彼女にも胸がキュンキュンする展開が……少女漫画に夢中になったことのある30代女性には絶対に刺さるはず!
ブリジット役のレネー・ゼルウィガーが役作りのために増量したことでも話題を呼びました。

 

アメリ

アメリ

アメリの好きなことはクレーム・ブリュレの表面をスプーンで割る、運河で水切り、それから……

監督 ジャン=ピエール・ジュネ
脚本 ジャン=ピエール。ジュネ、ギヨーム・ローラン
出演者 オドレイ・トトゥ、マチュー・カゾヴィッツ、ヨランド・モローほか

あらすじ
神経質な親に育てられた22歳のアメリは空想好きの内向的な女の子。カフェで働く彼女は青年ニノに惹かれるが、アプローチ方法が分からずに『イタズラ』を仕掛けることにするが……。

30代におすすめのポイント

もう30代だし、フランス映画を嗜んでみたいけれど、ちょっとハードルが高い……そんな人に是非おすすめしたい映画です。フランス映画特有のカメラワークやちょっとクセの強い演出はそのままに、上映時間は121分と短めで、ストーリーもロマンチックでハッピー路線。
ヒロインのアメリは少し風変りな価値観の持ち主ですが、とってもチャーミングです。日常のささやかな幸せを再確認させてくれるでしょう。

 

タイタニック

タイタニック

恋愛洋画でこれは外せない!

監督 ジェームズ・キャメロン
脚本 ジェームズ・キャメロン
出演者 レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼインほか

あらすじ
西大西洋上で氷山と衝突し、20世紀最大の海難事故となった豪華客船、タイタニックを題材にしています。
タイタニックで出会った良家の娘ローズと画家志望の貧乏青年ジャックは身分違いの恋に落ちます。しかし、ローズの婚約者がそれに気が付き、ジャックを罠にはめようと……。

30代におすすめのポイント

第21アカデミー賞1部門、第70回アカデミー賞12部門、第55回ゴールデングローブ賞4部門の受賞を誇る恋愛映画の金字塔です。
何度見ても迫力もロマンもディカプリオ様も褪せることはありません。
ほぼ原寸大に再現されたタイタニック号(ただし片側だけなので乗り降りのデッキだけ実際と違うところにも注目)、総額製作費2臆ドルの舞台美術、監督自ら設立したデジタル・ドメインによるSFXは今でも語り草です。

 

魔法にかけられて

魔法

ここまでやる?ディズニー渾身の自己パロディ!

監督 ケヴィン・リマ
脚本 ビル・ケリー
出演者 エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデンほか

あらすじ
魔法の国で暮らすプリンセス、ジゼルは王子との結婚式当日に魔女に騙されてしまい現代のニューヨークに飛ばされてしまう。ジゼルは戸惑いながらも現実主義の弁護士、ロバートと出会い惹かれていく。

30代におすすめのポイント

アニメと実写のコラボがとっても新鮮なファンタジック・コメディです。え、ここまでやっちゃっていいの?と観ているこちらが心配になってしまうほどディズニーが自己パロディをしてくれます。魔法の国でジゼル姫が歌えば小鳥やリスなどが集まってきますが、ニューヨークで歌えば寄ってくるのはネズミやゴキブリばかり……。大人になったからこそ楽しめるディズニーと言えるでしょう。
ジゼル姫が現実世界での恋愛と魔法の国での永遠の愛の違いを知り、出した答えは?
mishima

監修者「ミシマ」のまとめ


心惹かれる恋愛映画は見つかりましたか?コメディ、切ない、ドロドロ、少し不思議、甘酸っぱい……恋に憧れ恋に翻弄される女心は万国共通ですね。話題作品を中心に紹介しました。まだ見たことのない映画があれば見てください。最近心を動かされていないな、ときめきが足りていない気がする、そんなときには映画の世界に浸かってみてください。

関連記事

30代におすすめの婚活ファッション!20代と違う?何を着たら正解?徹底アドバイス!

婚活パーティーやお見合いにどのようなファッションで臨みますか?ハーフアップにパステルカラーの膝丈ワンピース。たぶ

婚活の会話が成功するコツとは?30代女性におすすめしたい話が弾む少しの工夫

20代の頃はゆるく婚活をしていた人でも、30代になるといよいよ本気モードに。婚活で困ることのひとつあるのは会話。

30代女性におすすめの恋愛漫画10選!大人の恋愛の葛藤を描いた作品集

30代の女性におすすめ、アラサーが主人公の恋愛漫画を紹介します。20代前半までのキラキラしているだけではなく、時

30代女性におすすめの出会い方!出会いがない人は必見…素敵な男性はどこにいる?!

「30代になったら出会いがなくなった…」そう言って嘆いている女性を見かけることも少なくありません。20代に比べて減っ

彼氏ができない30代女性が見直したい17つの原因を徹底調査!彼氏ができる心構えと行動

仕事や趣味に没頭していたらいつの間にか30代!気づけば周りは結婚していた...なんてことありませんか?どうして私

30代女性におすすめの恋愛小説10選!熱く切なく、ちょっとエロの世界観に浸る

30代の女性におすすめ、恋愛小説を紹介します。「恋愛小説なんてどれも出会いと別れとすれ違いからのハッピーエンドで

束縛彼氏は30代になっても変わらない…?!ありがちな7つの行動・束縛する心理・対処法とは?

「彼氏といると時々息が詰まる」「友達と遊んでいても彼氏に報告するのが面倒」と感じたことはありませんか? も

彼氏が浮気してるかも?と思う30代女性へ。確かめたい6つの兆候と浮気への対処法

『男は本能で浮気する』『浮気した男は何度も浮気する』などと言われていますよね。でも、30代のお付き合いともなると

結婚かキャリアか?30代女性が必ずぶつかる悩み…一番考えるべきポイントは?

こんにちは。 仕事を一生懸命頑張っている女性の方がこの記事を読んでいるのではないかと思います。 毎日お仕事、

婚活で趣味を聞かれたら?30代女性の男ウケ抜群の回答は?無趣味でも大丈夫!

婚活パーティやお見合いのプロフィールに必ずといってよいほどあるのが趣味の欄です。「プロフィールの趣味なんてオマケ