2022/02/11
キレイになりたい    

使ってはいけない洗顔料4つ。肌に合わない危険な成分を見分けるポイント

Skincare,Woman,Washing,Face,Foaming,Facewash,Soap,Scrub,On,Skin.

「洗顔の後に赤みやヒリヒリ感がある」「生え際やこめかみに小さいブツブツが出る」そんなあなたは、洗顔料を見直しましょう!

洗顔用のアイテムはいろいろとありますが、使ってはいけないものがあるのを知っていますか?

普通に良さそうな市販の洗顔料でも、危険な成分がたっぷり配合されていることも。気づかないうちにお肌を傷めつけることになりかねません。

メーカー側が

・「泡立ちが良い方がいい」「良い香りがした方がいい」という使い勝手

「値段が安い方がいい」という経済性

を追求して危険な成分を配合したものが、人気商品になっているという現実があります。

私たちはそれらをなんとなく手に取るのではなく、人気商品だが使ってはいけないものをしっかり見分ける必要があります。

この記事では、使ってはいけない危険な成分が含まれる洗顔料をまず分析。その後、安心して使える洗顔アイテムをご紹介します。

毎日危険な成分で顔を洗っていれば、肌がくもるのは当たり前。安心成分の洗顔アイテムを選んで、健康に輝く肌になりましょう!

hiroko_director

美容ライフスタイルアドバイザー

ヒロコ

医療機関に8年間勤務→長年の敏感肌を克服した経験からスキンケアのコツを美容系メディアで情報発信→読者の方から肌悩みの相談を多数いただくようになったことをきっかけにフリーランスブロガーに本格転身→海外移住→3Qsにジョインし美容・ライフスタイル情報発信を担当。昨日より今日の自分をもっと好きになってもらえるとうれしいです。

医療機関に8年間勤務→長年の敏感肌を克服した経験からスキンケアのコツを美容系メディアで情報発信→読者の方から肌悩みの相談...

知らないって怖い……。イメージで、今まで良いと思っていた洗顔も、自分の目で確かめてみたらいろいろ入っていました。これからは、自分の肌は自分で守る!

使ってはいけない成分が含まれている洗顔料4つ

有名メーカーの製品だから、宣伝が自然派っぽいから、安心して使えると思っていませんか?

実際には「肌にやさしい」「無添加」という触れ込みの洗顔ほど、自分の目でしっかり成分を確かめる必要があります!

「無添加」と書かれていても、何を添加していないのかは商品によって違います。着色料無添加という意味かもしれません。 着色料は入ってなくても、毒性の強い成分を多数配合している ことも考えられます。

長いカタカナの成分をすべて覚えることはできなくても、自分の目で確認を繰り返すうちに「あれ?これは!」と気づける眼力が身につきますよ。

知名度や表面的な宣伝に騙されず、賢く安全なものを選びましょう

以下に毒性の強い成分をまとめました。実際にはまだまだありますが、中でも特に避けたいものをリストアップしましたので、お手持ちの商品と見比べてみてください!

成分 配合目的 なぜ悪いか
ラウリル硫酸ナトリウム(SLS)
ラウレス硫酸ナトリウム(SLES)
ラウリル硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸アンモニウム
パレス-3硫酸ナトリウム
パレス-3硫酸アンモニウム
スルホン酸ナトリウム
石油系合成界面活性剤 刺激が強く、接触性皮膚炎の原因になる
ジエタノールアミン(DEA)
トリエタノールアミン(TEA)
界面活性剤の材料
ph調整剤
刺激が強く、接触性皮膚炎の原因になる
発がん性や生殖への影響が懸念
メチルパラベン
ブチルパラベン
エチルパラベン
プロピルパラベン
防腐剤 内分泌への影響が懸念
合成香料
合成着色料
着香・着色 化学物質過敏症の誘発

それではさっそく実践編。よく目にするあのアイテム、実はあなたの肌トラブルの原因になっている、使ってはいけない洗顔かも。

※「使ってはいけない」というのは、あくまであなたの肌悩みの原因になっているかもしれない成分という意味です。絶対にこれらの成分が入っていたらいけないというわけではありません。

ビオレ メイクも落とせる洗顔料 うるうる密着泡|花王

スクリーンショット (743)

引用:花王

まずは、きめの細かい泡で出てくる人気のメイク落とし洗顔。さっそく成分をチェックしてみましょう。

水、グリセリン、PPG-9ジグリセリル、ラウリルヒドロキシスルタイン、デシルグルコシド、エタノール、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ラウレス硫酸Na、水酸化K、水酸化Na、ノバラエキス、ローヤルゼリーエキス、BG、エトキシジグリコール、ベタイン、フェノキシエタノール、香料

要注意成分!
・ラウレス硫酸ナトリウム
・香料

ラウレス硫酸ナトリウム

数種類の界面活性剤を組み合わせてありますが、石油系合成界面活性剤である「ラウレス硫酸ナトリウム」が配合されています。

界面活性剤は、油と水を混ざりやすくして汚れを落とす成分。洗顔するには欠かせない成分ですが、問題はその種類。

界面活性剤には天然と合成があり、合成のうちでも石油系と天然系があります。この「合成」かつ「石油系」の界面活性剤が危険です

その特徴は「安価で、よく泡立ち、よく脂が取れる」こと。

脱脂力が非常に強いため、皮膚の脂を根こそぎ洗い流し、肌のバリアを低下させてしまいます。皮脂の取り過ぎは乾燥肌や、逆に皮脂の過剰分泌を招くことも。

接触性皮膚炎を引き起こし、真っ赤に炎症を起こしたりかぶれたりすることも考えられます。使い続けると肌の乾燥が進み、赤みや過敏な状態を引き起こしかねません。

一方、一緒に配合されているデシルグルコシドやラウリン酸・ミリスチン酸・パルミチン酸は、より肌におだやかな石油系でない界面活性剤

これでラウレス硫酸ナトリウムが入っていなければ、悪くない洗顔といえます。

香料

香料にも注意。ビオレらしい優しいローズの香りは人気ですが、残念ながら合成香料の可能性が高いです。本来の洗顔の目的に寄与しない余分な化学物質なので、できれば避けたいところ。

強い合成香料に日常的にさらされていると、化学物質に過敏な体質になってしまう場合があります。慢性的な頭痛や皮膚の発疹、めまいや吐き気、思考力の低下などさまざまな問題を引き起こしかねません。

フレッシュフレンド洗顔ソープ|LUSH

スクリーンショット (744)

引用:LUSH

イギリスの自然派手作り石けんブランドとして、安心なイメージのあるLUSH。量り売りのオシャレな石けんをプレゼントでもらったことのある人も多いのでは。

私もそう思っていましたし、ハチミツの石けんなど好きで自分でも購入していました。ところが今回洗顔用のフレッシュフレンドソープを成分チェックしてみてびっくり。

カラミン、石ケン素地、PG、水、ラウリル硫酸Na、ステアリン酸Na、ラベンダー油、カミツレ花油、ティーツリー葉油、ダマスクバラ花エキス、セイヨウニワトコ、カミツレ花、香料

要注意成分!
・ラウリル硫酸ナトリウム
・PG(プロピレングリコール)
・香料

ラウリル硫酸ナトリウム

なんと石油系合成界面活性剤の中でも最低最悪「ラウリル硫酸ナトリウム」が配合されていました。

前項のラウレス硫酸ナトリウムは、このラウリル硫酸ナトリウムを改良したもの。つまり、こちらが元祖でより危険な界面活性剤です。

界面活性剤の中でも最も刺激が強く、分子構造が小さいため皮膚残留性も高いのが特徴。接触性アレルギーで皮膚にトラブルを引き起こす可能性が高いです。

なんと動物実験の際に、かゆみや皮膚炎をおこさせるために使われることもある物質なんです。

こんなもので顔を洗っていたのかと、ぞっとしました!

PG (プロピレングリコール)

もうひとつ気になるのは「PG」。保湿目的で配合されていますが、皮膚や粘膜への刺激が強く、分子が小さいので皮膚に残りやすいです。石油から作られており、プラスチックの原料でもあります。

接触性皮膚炎はもちろん、発がんや染色体異常の危険もうわさされる物質なので、極力避けたいもの。業界でも「最低品質の保湿剤」とされ、使われない傾向にあります。

固形石けんは安全、手作りだから安心、と思っていた私は大ショック。新鮮なエッセンシャルオイルなど、よさそうな成分がたくさん入っているのですが……。危険な成分が1つでも入っていたら台無しです!(ちなみにハチミツのソープも同じでした。涙)

フェイスウォッシュ(ジェルムース)|エテュセ

61uIgHVhyzL._AC_SL1500_

引用:エテュセ

資生堂系列の、大人ニキビをターゲットにしたコスメシリーズの洗顔料です。トラブル肌にやさしい配合になっているかチェックしてみましょう。

水,グリセリン、イソペンタン、パルミチン酸、TEA、ミリスチン酸、コカミドDEA、ジイソステアリン酸PEG-8、ヒドロキシエチルセルロース、ココイルメチルタウリンNa、酢酸トコフェロール、カミツレ花エキス、ヒアルロン酸Na、メリッサ葉エキス、水溶性コラーゲン、コカミドプロピルベタイン、BG、ピロ亜硫酸Na、タルク、炭酸水素Na、トコフェロール、ローズマリー葉エキス、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

要注意成分!
・TEA(トリエタノールアミン)
・DEA(ジエタノールアミン)
・ジイソステアリン酸PEG-8
・ピロ亜硫酸Na
・香料

TEA・DEA

TEA(トリエタノールアミン)とDEA(ジエタノールアミン)合成界面活性剤の材料のひとつ。泡立ちと洗い上がりの素晴らしい製品ができるのですが、皮膚への刺激が強く、接触性皮膚炎を起こす可能性があります。

アメリカでは、動物実験で腎臓や肝臓の腫瘍を引き起こす可能性が示唆されています。また、保管中に防腐剤などと反応して、発がん性の高い物質「ニトロソアミン」を作り出す場合があることが分かっています。

さらに動物実験では、生殖への影響も確認されています。流産(着床後の死亡率)や出生後の早期死亡とかかわりがあるとのことです。

毎日2回は洗顔するので、肌荒れだけでなく、もっと長期の影響についても考えさせられますね。TEAなどと略称で短く書いてあるので見つけにくいですが、しっかり目を凝らして探しましょう!

ジイソステアリン酸PEG-8

ここで重要なのは「PEG」の部分。PEG(ポリエチレングリコール)にはいろいろな種類があり、ついているカタカナや数字は違いますが、同じ系列の物質です。

洗顔をはじめいろいろなスキンケアアイテムに入っている合成ポリマーで、テクスチャーを調整するのに使われています。

PEG-00と後ろについている数字が小さいほど分子も小さくなり、肌に浸透しやすくなります。有効成分を肌に浸透させてくれるのはよいのですが、悪いものを運んでしまう場合も。

特に、PEGの製造過程では発がん性のある「1,4-ジオキサン」という物質が副産物として形成されます。

PEGがこれに汚染されている可能性は十分にあり、その場合は洗顔のたびに発がん物質を肌深くにしみこませることになりかねません。

一般に、PEG-12以下では分子がたいへん小さく、肌への浸透と刺激が大きくなります。この製品にはPEG-8と表示されているので、危険度はかなり高いです。

また最近では、コロナワクチンに含まれるPEGに対してアナフィラキシーショック(強烈なアレルギー反応)を起こす例が女性に多いことが話題に。コスメに配合されているPEGとの関係が疑われています。

ピロ亜硫酸Na

酸化防止剤として「ピロ亜硫酸Na」が配合されています。亜硫酸塩には皮膚刺激性があり、接触性アレルギーを起こす可能性があります。アルコールで赤くなってしまう敏感肌の方は要注意です。

クリナンス クレンジングフォーム|アベンヌ

スクリーンショット (745)

引用:アベンヌ

温泉水を使った天然コスメで有名なアベンヌ。敏感肌用と銘打った洗顔アイテムですが、成分はどうでしょうか。

温泉水、ステアリン酸、パルミチン酸、PEG-12、グリセリン、ヤシ油アルキルグルコシド、水酸化K、水、ラウリン酸、コカミドMIPA、ステアリン酸PEG‐2BHT、ブチルパラベン、セトリモニウムブロミド、ペポカボチャ種子油、エチルパラベンメチルパラベン、フェノキシエタノール、プロピルパラベンサリチル酸、グルコン酸亜鉛、硫酸亜鉛

要注意成分!
・PEG-12
・ステアリン酸PEG‐2
・BHT
・ブチルパラベン
・エチルパラベン
・メチルパラベン
・プロピルパラベン
・サリチル酸

さすが敏感肌用というだけあり、界面活性剤は優しいものを使っています。が、ほかの成分で気になるところが多々ありました。

PEG-12、ステアリン酸PEG-2

こちらもPEG(ポリエチレングリコール)の仲間。肌に浸透する際に発がん物質を運んでしまう可能性があり、要注意の成分です。(詳しくはこちら

後ろにつく数字が小さいほど浸透力が高く、12以下では特に高いとされています。配合されているPEGは二種類とも浸透力が十分に高いです。

BHT (ジブチルヒドロキシトルエン)

BHTは安価な酸化防止剤として配合され、洗顔料の中の油分が劣化するのを防ぎます。 DNAや染色体に対する影響が心配されている成分です。

ヨーロッパでは小児病院でBHTフリーの食事を提供するなど、意識が高まっています。今すぐどうこうという危険ではありませんが、自分や次世代の身体を余分なリスクから守りたい場合は要注意です。

ブチルパラベン・エチルパラベン・メチルパラベン・プロピルパラベン

パラベン類は、細菌の繁殖を防ぐ防腐剤として配合されています。ホルモンの分泌に影響する可能性がある成分です。尿中パラベン濃度が上がると、女性の月経周期が短くなるというデータもあります。

特に「ブチルパラベン」は、パラベンの中でも抗菌性が高く、避けたい物質。ヨーロッパでは内分泌をかく乱するとして「高懸念」指定のリストに追加されました。

もちろん、防腐剤には一定の役割があります。ノンパラベンにしようとすると、使いきりサイズにしなければいけなかったり、他の防腐剤がパラベンより殺菌力が低く配合量が多くなってしまったりと、それはそれで難しい事情があります。

とはいえ笑ってしまうほどパラベン全種類目白押し+特に危険視されるブチルパラベンを使っているというところには要注意です。

サリチル酸

抗炎症目的でサリチル酸を使っているのも気になるところ。

吹き出物やニキビ対策としてはよいのですが、乾燥を招き肌のバリア機能が低下する原因になります。思春期ならともかく、大人ニキビにはお勧めできません。

吹き出物が気になる人は、消炎剤としてグリチルリチン酸2K(ジカリウム)を配合しているものを選ぶのがベターです。

安心だと思っていたアイテムが本当は使ってはいけないものだったとわかるとショックですね。一体何を使えばよいのでしょうか。続いて、安心して使える洗顔をご紹介します。

安心して使える洗顔アイテム3つ

安心して使える洗顔アイテムを3つご紹介します。忖度やメーカーとのつながりはないです。ただ成分チェックして大丈夫だったものをご紹介します。

モイストアミノフォーム|株式会社エトヴォス

313JYvtsY-L._AC_

水、グリセリン、ココイルグリシンNa、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、ラウラミドプロピルベタイン、クエン酸、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、シア脂、プロパンジオール、ポリクオタニウム-51、コレステロール、ビルベリー葉エキス、アーチチョーク葉エキス、ヨーグルト液(牛乳)、ダイズ種子エキス、BG、カルボマー、キサンタンガム、ラウロイルラクチレートNa、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、フェノキシエタノール

石油系合成界面活性剤、パラベン、合成香料・着色料を一切使用していない洗顔料。

界面活性剤はアミノ酸系の「ココイルグリシンNa」「ラウラミドプロピルベタイン」「ラウロイルラクチレートNa」を使用しています。

少量でゴッソリ油ぬけする石油系のような目覚ましい洗浄力はありません。レモン1個分を目安によく泡立てて、泡で洗うようにしましょう。

グリセリンやヒト型セラミドなど保湿成分をたっぷり配合。実際に使ってみると、洗った後不思議なほど乾燥しません。これまで急いでブースターなどつけていた人も、ゆっくりできます。

合成香料は不使用ですが、ラベンダーとゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)の天然精油の香りがかなりします。ここで好き嫌いが分かれるかもしれません。

好きな人にとっては、フワフワ泡+癒しアロマでたまらない洗顔タイムになりますよ。

価格 3,300円(税込)
内容量 90g
販売元 株式会社エトヴォス
製造国 日本

泡立ちは緩めですが少量でも泡立ちます。普段は固形石鹸派なので、物足りないかなぁという不安はありましたが、洗浄力的にも問題なく、スッキリ洗えるのに突っ張り感も乾燥する感じもありません

出典:アットコスメ

乾燥敏感肌ケア 洗顔リキッド|ファンケル

3010-51

水、ジグリセリン、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、マルチトール、ココイルグルタミン酸K、ココアンホ酢酸Na、BG、グリセリン、ココイルアラニンNa、ココイルメチルタウリンNa、ヤシ脂肪酸アルギニン、セルロースガム、(ジエチレングリコール/水添ダイマージリノール酸)コポリマー、グリチルリチン酸2K、ベヘニルアルコール、水酸化K、トコフェロール

液体を泡立てるタイプの洗顔料。乾燥肌・敏感肌に特化し、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤を一切配合していません。

通常、パラベン不使用のアイテムは、フェノキシエタノールなど代わりの防腐剤を配合しています。しかし、この洗顔リキッドには防腐剤自体が不使用。

そのため一つのボトルが60mlと小さく、60回分=開封後30日以内に使い切ることを前提に作られています。

使用されている界面活性剤は、ココイルグルタミン酸・ココアンホ酢酸Na・ココイルアラニンNa・ココイルメチルタウリンNa・ヤシ脂肪酸アルギニンの5種類で、すべてヤシ油由来のアミノ酸系

アミノ酸系は洗浄力どうなのかな?と心配でしたが、実際に使ってみると十分な洗浄力軽いメイクも落とせ、ぬるま湯ですすぐとかなりのスッキリ感があります。その分、洗顔後はちょっと急いで保湿が必要。

キメの細かい泡とまではいきませんが、泡切れが良いためすすぎ残しによる肌荒れの心配はなし。乾燥する季節だけでなく、一年中おすすめの使い心地です。

価格 1,100円(税込)
内容量 60ml
販売元 ファンケル
製造国 日本

シャワーの湯でもヒリヒリするほど乾燥と肌荒れがひどい時期、他社の乾燥肌用化粧品がなかなか合わず、トライしました。朝起きてもしっとりが持続します。泡立てネットがないと泡立ちは難しいです。洗い上がりはぬるっとしてます。

出典:楽天

アルージェ モイスチャー クリアソープ|全薬工業

51K-dxFFK7L._AC_

グリチルリチン酸2K、石けん用素地、白糖、濃グリセリン、エタノール、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、スクワラン、ヒアルロン酸Na‐1、ビオセラミド、HEDTA・3Na液、キサンタンガム、BG、水、ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル・オクチルドデシル)

「ジキニン」などで知られる製薬会社が、敏感肌のために開発した洗顔石けんです。使っている界面活性剤は植物を原料とした「ラウリン酸アミドプロピルベタイン液」。

シャバシャバの泡ではなく入道雲のようなモコモコ泡が立ち、フッカフカの洗い心地。ココだけの話、無印の泡立てネットでやると最高ですよ。

炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが配合されているうえ、パラベンや香料など余計なものが入っていない低刺激仕様。

肌荒れしているところを洗ってもしみたりしません。洗顔のたびにヒリヒリしてしまう方も、試してみる価値ありです。

洗い上がりはサッパリ目で、脂も泡もスパッと切れる感じ。ツルリン、キュッキュ系の洗い上がりですが突っ張りません。低刺激系のヌルっとした仕上がりが苦手な人にもおすすめです!

価格 1,150円(税込)
内容量 60g
販売元 全薬工業
製造国 日本

洗い上がりはさっぱり目なのに、肌の状態はしっとりします。とても気にいって愛用しています。

出典:Amazon

使ってはいけない洗顔を回避してスベスベ肌を守ろう!

Facial,Skin,Care,,Women's,Hands,With,Face,Wash,Foam

あなたの手持ちの洗顔や買おうと思っていた洗顔のなかに「使ってはいけない洗顔」はありましたか?自分の目でしっかり確かめて、危険な成分で顔を洗うのをやめましょう!

天然成分でニキビ予防!万能ハーブ・ティーツリーの洗顔おすすめランキングはこちら:▶ティーツリー配合洗顔料おすすめランキング9選|天然由来の殺菌力でニキビを防ぐ洗顔フォームの選び方

この記事の監修者

hiroko_director

この記事の監修者

美容ライフスタイルアドバイザー

ヒロコ

医療機関に8年間勤務→長年の敏感肌を克服した経験からスキンケアのコツを美容系メディアで情報発信→読者の方から肌悩みの相談を多数いただくようになったことをきっかけにフリーランスブロガーに本格転身→海外移住→3Qsにジョインし美容・ライフスタイル情報発信を担当。昨日より今日の自分をもっと好きになってもらえるとうれしいです。

医療機関に8年間勤務→長年の敏感肌を克服した経験からスキンケアのコツを美容系メディアで情報発信→読者の方から肌悩みの相談...

おすすめ記事

30代女性におすすめのコンシーラー20選!クマやそばかすをカバーして明るい肌に!

クマや赤みなどの肌の色ムラやシミ・そばかすなどを隠すためにコンシーラーは人気ですよね。30代になって目立つ肌トラ

30代女性におすすめのショルダーバッグ!パーティーやお出かけに活躍するバッグとは?

仕事もプライベートも充実し、より一層女性としての魅力が高まる30代。 ファッションに欠かせないバッグも、大人の

30代女性におすすめのリップグロス16選!大人の唇を上品に彩るツヤカラー

唇にツヤと適度なボリュームを与えてくれるリップグロス。口紅よりもシアーな色付きなので、単品で透明感のある仕上がり

30代女性におすすめのインソール22選!ハイヒール・パンプスにぴったりなアイテムはどれ?

ハイヒールやパンプスは歩きにくかったり、靴擦れしてしまうこともありますよね。しかし、仕事時やオフの時も、スタイル

30代女性におすすめのタイトスカート!コーデや選び方をご紹介します

街でふと見かけた大人の女性が、タイトスカートを履いていると、女性らしくてかっこいいですよね。 フレアスカートよ

30代女性に人気の名刺入れ15選!おすすめから選び方までご紹介します

お仕事の時の名刺交換の時に、相手の名刺入れが素敵!と思ったことはありませんか?初めて会う時だから、第一印象は大切

【30代女性向け】美容院(ヘアサロン)に通う間隔・頻度はどのくらいがベスト?髪型・状態別に徹底解説!

あなたはどれくらいの頻度で美容院に行っていますか?カットだけであれば気になったときに行けばいいと思っている人も多

30代女性におすすめのヘアバンド!選び方からアレンジまでご紹介します

朝、ヘアスタイルをどうしようか迷ったことはありませんか? 「難しいヘアアレンジはできないし、かといっていつも同

30代女性の髪をヘアコームでよりゴージャスに!ヘアスタイルをさらに楽しもう!

30代にもなってくるとヘアアレンジをする機会もどんどん増えてきます。 ヘアアレンジをする際、そのままでも可

女性用育毛剤おすすめランキング9選|抜け毛をストップしてツヤツヤ髪になるヘアケアアイテムの選び方

「シャンプー後、排水口に溜まる髪が増えた」「ヘアスタイルは変えてないのになんとなくペタンコ」そんな髪の悩みに心当たり