2020/07/27
誰にも言えない悩み    

ジェネレーションギャップの意味とは?30代女性が上下世代に感じる世代間格差12選もご紹介

shutterstock_1018991641

年上の人や年下の人と話していて、「話が通じない」「考え方が違いすぎる」と驚いたことのある30代女性は意外と多いです。今回は、30代女性の感じるジェネレーションギャップについてご紹介していきます。年下・年上の2パターンのジェネレーションギャップを紹介していくので、世代間の関係に悩んでいる人は参考にしてみてくださいね。

director_kojima

フリーライター

shima

OLやアパレル販売を7年経験したのち、フリーのライターに。美容やファッションに関することが大好きで、SNSでの情報収集を日課にしている。30代に向けた最新トレンドをお届けします!

OLやアパレル販売を7年経験したのち、フリーのライターに。美容やファッションに関することが大好きで、SNSでの情報収集を日...

ふとした時に感じるジェネレーションギャップ。別名・世代間ギャップともいうこの現象、いざ目の当たりにすると「私ってもうそんな歳?」と老いを実感することもありますよね…。今回は上下の世代に30代女性が感じがちなジェネレーションギャップをご紹介します!

ジェネレーションギャップの言葉の意味とは?

shutterstock_762800164

30代女性は職場などで、年下・年上どちらの人とも関わることがあるでしょう。世代の異なる人と関わったときに「ジェネレーションギャップ」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

ジェネレーションギャップとは、世代間に発生する知識・関心・考え方の違いです。世代間格差とも呼ばれています。世代が違うとその時に流行っていたものや価値観が変わります。異なる世代の人がすれ違ってしまうのは仕方がないことなのかもしれませんね。

30代女性が平成世代にジェネレーションギャップを感じた瞬間7選

では、30代女性が年下である平成世代にジェネレーションギャップを感じるのはどのような瞬間でしょうか。7つ紹介していきます。同じようなジェネレーションギャップを感じたことがないか振り返ってみてくださいね。

1:カラオケで自分世代のヒット曲を懐メロ扱いされた

30代女性がカラオケで歌う曲といったら安室奈美恵や浜崎あゆみなど、自分の世代で流行った曲が多いと思います。30代女性からすれば、今でも聞いている曲だから平成世代でも知っていると思ってしまうかもしれません。

しかし、平成世代からすれば、年上の人の世代のヒット曲といえば懐メロ。「ミュージック番組などで聞いたことがあるな」くらいの感覚です。お互いがカラオケを楽しめるように世代を超えて歌われている曲を知っているといいですね。

2:ガラケーやデコメールなど携帯機能の違い

3462030_s

最近の若い人は、ガラケーを知らない人も多いです。ギャル文字を使ってメールをしたり携帯のカバーの裏にプリクラを貼っている人はいませんね。プリクラを撮ったらダウンロードしてSNSにあげるのが主流のようです。

また、センターに新着メールを問い合わせるのも30代の世代の行動です。好きな人からのメールだけ着信音を変えたり、鍵マークをつけていた人もいるでしょう。

今は、連絡をとると言えばLINEがほとんど。SNSのメッセージ機能で連絡を取り合う人もいるくらいです。30代女性からすれば考えられませんよね。

3:学生の制服の着こなし方の違い

学生の制服の着こなし方も世代によって異なります。30代女性は、ルーズソックスやハイソックスを履くことが主流でしたよね。短いスカートと長めの靴下を合わせていたはずです。

短いスカートは今も変わらないものの、靴下は短くなっています。今ではくるぶしが隠れる程度の長さのソックスを合わせてるのが主流のよう。

30代女性から見ればおかしな組みあわせだと思ってしまいますが、若い世代からすればルーズソックスやハイソックスを履くほうがダサいと言われてしまうのです。

さらにはスクバを持っている女子高生はかなり激減、リュックやキャンバストートを持っていることも!30代女性の当時と比べるとかなり進化していることが伺えます。

4:仕事よりもプライベート優先なスタイル

shutterstock_364241306

30代女性が若者と仕事をして一番驚くのが、残業をせずに定時で上がることではないでしょうか。就職が困難な時代であった30代女性は、先輩が仕事をしているのに自分だけが定時で上がるなんてことはできなかったと思います。

しかし、平成世代の若い人は気にせずに定時で上がっていきます。社会的に残業をやめようという風潮のため、悪いことではないのですが気にせずに定時で上がっていく若者のメンタルには驚きますよね。仕事がすべてだと教えられてきた30代とは違って、今時の若い人はプライベートが優先なのです。

5:ビデオテープ・MD・フロッピーディスクが通じない

30代の女性にとっては懐かしいビデオテープ・MD・フロッピーディスクですが、平成世代の若者にとっては聞きなれないもののようです。

エクセルの保存アイコンってなんのマーク?と聞かれたりすることもあるようですね。30代女性ならフロッピーディスクのマークだとすぐに分かるものの、フロッピーディスクの存在を知らない平成世代からすればなんのことか分からないのです。

他にもカメラのフィルムケースやFAXを知らないこともあり、日常生活のなかでも年齢の違いを実感させられそうですね。

6:聞きなれない流行語を耳にした

shutterstock_546692128

若者の会話を耳にして、聞きなれない流行語を耳にしたことのある人もいるでしょう。若い人は、了解のことを「り」と略したり、卍、メンヘラ、〇〇ぴ…など聞きなれない言葉多数使用しています。

30代女性からすれば、「何語を喋っているの?」と聞きたくなってしまいますよね。また、流行語は日々変化しています。若者の会話についていこうとして、少し前に聞いた流行語を話してみると「古い」なんて言われてしまうこともあるでしょう。

7:旧札や二千円札を「偽札」と勘違い

販売業の人で、若い世代がレジを担当していたら「偽札だ」と言っている場面に遭遇したことのある人は以外と多いようです。慌ててかけつけたら、なんと「偽札」ではなく「旧札」がそこにはあります。「まさか、旧札を知らない人がいるなんて」と驚く事でしょう。

また、二千円札を知らない若い世代もいます。二千円札は2000年の沖縄サミットを記念して発行されましたが、あまり流通しなかったため2019年は印刷されていません。沖縄県では現在も流通していますが、その他の地域の若者にとっては見たことのないお札=偽札のようですね。

30代女性が昭和世代にジェネレーションギャップを感じた瞬間5選

shutterstock_1394312024

続いて、30代女性が年上の昭和世代にジェネレーションギャップを感じた瞬間について紹介していきます。30代女性のほとんどは昭和生まれなものの、40代以上の人と関わるとジェネレーションギャップを感じることもあるでしょう。世代が違えばジェネレーションギャップを感じてしまうのはしかたがないですね。同じような経験をしたことがないかチェックしてみましょう。

1:仕事へのストイックな姿勢

昭和世代の人は、30代女性よりも仕事に対してストイックな姿勢を持っています。バブルを経験し、その後の不景気も経験しているからこそ感じる部分もあるでしょう。昭和世代の人の中には、結婚をせずにひたすら仕事に向き合っている人もいます。

プライベートの時間もなく毎日仕事をするために生きているようで、家庭を持っている人でさえも、仕事が優先という人が多いです。そんな昭和世代を見ていると、「自分はあんな風に仕事命になれないな」と感じてしまうでしょう。その感情こそがジェネレーションギャップなのです。

2:過去の恋愛話が全てバブル世代

shutterstock_403179772

同僚と恋バナをしていたら、昭和世代の人が入ってきて自分の昔の恋バナをされたことがある30代女性もいると思います。最近は、デートでも割り勘をするカップルが増えています。

しかし、昭和世代の人とは恋愛に対する価値観が違います。昭和世代はデートと言えば男性がおごるのが当たり前。割り勘をするような男はダメだという固定観念があります。割り勘をしたからと言って彼氏のことを悪く言われるのは気分がよくありませんね。

そのほか、アッシーくんやメッシーくんなんて話が出てきたり…!?(メッシー=食事を奢ってくれる人、アッシー=送迎してくれる人)いずれもこのご時世では考えられないことばかりです。

3:寿退社や専業主婦になることが当たり前

昭和世代の女性は、結婚すれば女性は仕事を辞めて専業主婦になると思い込んでいます。昭和世代が若いときは、男性は外で働いて家族のためにお金を稼ぎ、女性は家庭を守るというのが一般的でした。

しかし、現代では共働きをしている夫婦ばかり。結婚をしても寿退社をする女性は少なくなっています。30代女性のなかには、昭和世代の人から「結婚したら寿退社ね」「専業主婦になるんでしょ」とそれが常識かのように言われて不思議に思った人もいるでしょう。

4:ファッションアイテムの呼び方の違い

shutterstock_709278955

ファッションアイテムの呼び方の違いも、ジェネレーションギャップのひとつです。スニーカーのことをズックと呼んだり、ジレのことをチョッキと呼んでいることを違和感を感じる人も多いでしょう。

冬場になると、「そのとっくり可愛いね」と言われて頭にハテナマークを浮かべる人もいると思います。昭和世代の言うとっくりは、日本酒を入れるものではなくタートルネックのことを指しています。

他にも、おしゃれなノースリーブを着ているのにランニングと呼ばれるとダサく感じてしまいますよね。会話が成り立たないだけでなく、褒められている気分になれないのはジェネレーションギャップの困ったポイントです。

5:お酒のために頑張っているという感覚

30代女性は、昭和世代のお酒のために頑張っているという感覚をいまいち理解できない人が多いでしょう。仕事のひとつとしてお酒を飲むことはあっても、お酒のために頑張るというのはよっぽどのお酒好きだけだと思ってしまいます。

最近ではお酒が飲めない・飲まない人も増えてきているので自然なことではありますが、昭和世代からすればそれが不思議でたまりません。お酒を飲まないことがおかしいと言われているように感じてしまうことが、世代間の交流がなくなる原因のひとつかもしれませんね。

ジェネレーションギャップは楽しむくらいの気持ちで

shutterstock_1289761639

ジェネレーションギャップを感じてしまうのは仕方がないことです。生きてきた時代ごとに風潮があるため、ジェネレーションギャップが生じることを防ぐのはほぼ不可能です。

30代の女性は年下の平成世代とも、年上の昭和世代ともジェネレーションギャップを感じて、しんどいと思うこともあるかもしれません。しかし、30代の今だからこそ上下の世代の両方の価値観を知ることができるのです。

価値観の違いについて神経質になってしまうよりも、ゆるく楽しむくらいの気持ちを持つことが重要です。そんな時代もあるんだな、と楽しむ気持ちを持って世代間のコミュニケーションを深めてみてくださいね。

director_kojima

監修者「shima」のまとめ


今回は、ジェネレーションギャップについて紹介しました。年をとってからだと、年下とのジェネレーションギャップしか感じることはできなくなってしまいます。「さまざまな世代の価値観を知ることができる」と楽しむ気持ちを持ってみてくださいね。

おすすめ記事

人といると疲れる30代女性必見!ストレスを感じる6つの原因と9つの対処法を徹底解説

普段の生活において「人といると疲れる」「人疲れがしんどい」「人と接するのが苦痛」…なんて思ったことはありませんか

30代女性のセルフプレジャー事情!一人エッチしてる?やり方は?

セルフプレジャーという言葉をご存知でしょうか?実はセルフプレジャーとは、オナニー、またはマスターベーション、ひと

人と関わりたくない30代女性の心理やおすすめの仕事!克服する方法も徹底解説

人と関わりたくないと思っている30代女性はたくさんいると思います。ストレスによって人と関わりたくないと思う人もい

【30代女性向け】大人になって友達がいなくなった5つの理由!社会人から親友を作るコツも徹底解説

昔は友達とたくさん遊んでいたのに、30代となり仕事や私生活に追われている間に友達がいなくなっていた…なんて悩みを

30代女性で悩む人多数!セカンドバージンになりやすい女性の特徴と卒業する方法とは

セカンドバージン、という言葉を聞いたことがありますか?セカンドバージンというドラマも放送されていましたよね。セカ

自分のことが大嫌いな30代女性の特徴24選!原因や克服するための17の方法を徹底紹介

「自分のことが大嫌い」「自分に自信を持てない…」そんな風に悩んでいる30代女性は多いと思います。理由があって自分

30代女性におすすめのアダルトグッズ15選!選び方や購入方法は?女性だって大人のおもちゃが欲しい!

大人のおもちゃに興味のある30代女性のために、おすすめのアダルトグッズをご紹介します!女性におすすめのアダルトグ

「自分の人生を生きる」と決めた30代女性が幸せになる15の方法!考え方のヒントを徹底解説

自分の人生がつまらないなと感じている30代女性は意外と多いです。一度きりの人生、せっかくなら自分らしく生きたいで

【30代向け】なんでもマウントする「マウンティング女子」とは?意味や実例・効果的な撃退方法を徹底紹介

あなたの周りに、常に「自分の方が優れている」とアピールしてくる女性はいませんか?30代の女性ならそんなマウンティ

【30代女性向け】虚無感の意味とは?人生に無気力になってしまう原因と解消法を徹底解説!

「何をするにもやる気がでない」「価値を感じることができない」といった「虚無感」を感じることはありませんか?このよ