2020/04/06
ファッション・美容

30代女性におすすめのハイライト!入れ方のコツからタイプ別のおすすめをご紹介

スクリーンショット 2020-03-31 17.04.43

ハイライトというとどんなイメージがありますか?

メイクが上手な人が使うテクニックが必要なもの?キラキラしすぎて抵抗ある?
凹凸がハッキリしている外国人が使うもの?

…など、様々なイメージがあると思います。

実はハイライトというのは、何よりも取り入れやすいメイクツールの1つ。
普段メイクをしない方でも気軽に取り入れられて、他の人と一味違う抜け感のあるお顔に変身させてくれるアイテムなのです!

wada

メイクアップアーティスト

SHOJI HITOMI

ヘアメイクやエステティシャン、パーソナルカラーや骨格のアナリスト、インナービューティーのアドバイザーとして、トータルで女性の美をサポート。『飾らないそのままの自分を好きになれる女性が増えてほしい』という想いで日々活動。沖縄在住。

ヘアメイクやエステティシャン、パーソナルカラーや骨格のアナリスト、インナービューティーのアドバイザーとして、トータルで女

ハイライトの使い分けができるようになれば、それだけで気分はメイク上級者です!様々な種類のあるハイライトの中で、自分にあったハイライトを見つけていきましょう。人がオススメしているから、口コミで評価が高いからといって、自分のお肌や自分が持っている他のメイク品と合うかどうかは異なります。あなたにぴったりのハイライトを一緒に探していきましょう。

30代のメイクにハイライトは必須

8118bbdf77308adb269223aafaef2854_s

20代の時ももちろんハイライトを使うことで表情に変化を持たせることはできますが、それ以上に30代になると更にハイライトは効果を発揮してきます。

30代になってから、くすみやシミ、シワ、たるみ、毛穴など20代とは違った悩みが出てきたという人も少なくはないはずです。

そうした肌トラブルを隠しながらも、すでに持っている良い部分を際立たせてくれたり、ツヤ感の演出や顔に立体感を出すなど、抜け感を出してくれるのがハイライトなのです。

なんとなく難しいイメージを持たれやすいハイライトですが、自分に合ったものを選んだり、ちょっとした入れ方のコツを知るだけで、ハイライトは味方につけることができるのです。

 

そもそもハイライトにはどんな効果が?

426e838b5b89dd90488375708185e0dd_s

ハイライトと一言で言っても、何を目的としてハイライトを使っているかで選ぶハイライトは大きく変わってきます。

まずハイライトとは何をしてくれるものなのかを正しく知っておきましょう。

くすみ、クマ、シミなどを隠す

くすみ、クマ、シミなどは、30代になって出てくるお肌の悩み。ハイライトは、それらを隠してくれる効果があります。
ただ、ひとつここでポイントになるのが、ハイライトは「隠してくれる」わけではないということ。

ハイライトは、ファンデーションやコンシーラーのように「隠す」わけではなく、光のコントロールによって「隠したい部分に人の目が行かないように錯覚させる」アイテムなのです

メイクは目の錯覚です。人は隠せば隠すほどそこに目がいきますし、隠されれば隠されるほど気になってしまうもの。
その錯覚を使って、「隠さないことで隠す」「隠さないからこそ目立たない」という効果を、ハイライトで出していくことができます。

 

つやっぽい肌を演出できる

お肌を美しく見せるポイントのひとつとして大切なのが、潤いです。
潤いはファンデーションやパウダーでしかコントロールできないと思ってませんか?

実はファンデーションなどでマットな仕上がりになった肌も、ハイライトを使うことでツヤや潤いのある肌に見せることが簡単に出来てしまうのです。
そしてハイライトであれば、そのツヤ感もコントロールできるので、テカテカになりすぎるという事態も避けることができます。

そして、ツヤのある健康的なお肌の条件のひとつに「毛穴が目立たない」というのも挙げられます。
ハイライトに含まれるラメやパールなどの微粒子によってお顔のキメが整っているように見せることができるんです。それにより、毛穴も目立たせなくすることもできたりと、かなり優秀なアイテムなんです。

 

顔に立体感を持たせる

ハイライトと聞いて出てくるのは、逆の意味を持つローライト。
顔の骨の高いところをハイライト、低いところをローライトと呼ぶのが一般的なように、ハイライトをすることで顔に立体感を出すことができます。

特に平面的な骨格を持つ日本人は、ハイライトをうまく使い、顔にメリハリや凹凸を作ることができれば、顔の印象はかなり変わります。
また、小顔に見せることもできるんです。

立体感を出すためにハイライトを使う場合は、顔の骨格を正しく理解することが大切になります。
自分の顔のどの部分が骨が高くなっているのか、どこが低くなっているのかを観察するようにしましょう。

骨格は人それぞれなので、ハイライトをいれるために、まず自分自身を知ることが何よりも大切です。

 

くすみ、クマ、シミなどを隠すためのハイライトの入れ方

d3ed79f01a577874ea91bb54cdd1431c_s

お肌の悩みによってハイライトの入れ方は異なってきます。
そしてお肌悩みを隠すときのハイライトの選び方で1番大切なのが、「色の選び方」です。

自分のお肌の色にそって、ハイライトを選んでみましょう。

クマを隠したい

    • 選ぶべきハイライトは、クリームタイプ
    • ハイライトにもコンシーラーにもなるものがおすすめ

目周りはとても皮膚が動きます。
なので、伸縮してもヨレにくく、シワに入りにくく、でも密着力の高いクリープタイプを使ってみてください。

固形のものを使うと、隠す効果は高くなりますがその分ヨレやすくなるので注意が必要です。
そして必ず、お肌の色味に合ったものを選んでください。

ハイライトだからといって明るすぎる色を選んだり、クマが茶色くなってしまってるからと言って暗すぎる色を選ばないこと。
自分の肌色に合ったものであれば、それだけで隠れてくれるはずです。

 

くすみを隠したい

    • 選ぶべきハイライトは、ベースメイクの色味と同系色のハイライト

くすみが生じる原因として、実は肌の色に合っていないことが主な理由として挙げられます。
もちろんファンデーションそのものがあっていないこともありますが、夕方になって自分の肌の油分とファンデーションの油分が混ざり、参加してしまうことが原因なことも…。

まず肌の上に乗せるベースメイクを自分のお肌の色味に合わせて選ぶことから始めましょう。
そしてベースメイクの色味が合わせられたら、そのベースメイクの色味と同系色のハイライトを選ぶことをオススメします。

その色味が揃うことでくすみが一段と目立ちにくくなります。

 

シミ・そばかすを隠したい

    • 選ぶべきは、スティックタイプのコンシーラーとパウダータイプのハイライトの合わせ技

シミやそばかすを隠すハイライトは「スティックタイプ」を選ぶことをオススメします。
あまり表情が動きにくい部分を隠したい場合は、固形に近いスティックタイプのものを使い、ピンポイントで隠しましょう。

シミやそばかすを隠すという意味ではスティックタイプがオススメですが、
隠した後に、少し「パウダータイプ」で粒子のとても細かいパールが入ったハイライトを重ねてみましょう。

光の反射を作り、更に隠したところから目を逸させる効果が期待できます。

 

つや肌を演出するためのハイライトの入れ方

6cbf312941ea0b8577cfa6dbc43a46e7_s

ここ数年間は、ずっとツヤ肌ブーム。
ツヤ肌の味方といえばハイライト。
コツさえ掴めば、ハイライトを入れた箇所だけでなくお顔全体のツヤ感を出すことができるんです。

手順1:しっかりスキンケアで潤す

ハイライトでツヤを出す前に、しっかりスキンケアをしてお肌そのものを潤しておきましょう。

朝のメイクは、スキンケアをしてそのままの流れですぐにメイクすることをオススメします。
スキンケアをして時間をあけてしまうことで、油分が出てきてしまったり、化粧ののりが悪くなってしまうことに繋がります。

また、油分が多いもので潤してしまうことで後にメイクが崩れやすくなってしまうので、さっぱりしたもので潤すことが大切になります。

 

手順2:ベースメイクでもツヤを仕込む

スキンケアが終わったら、すぐにベースメイクをしていきます。

その時に、ハイライト効果もある下地を選ぶことをオススメします。
日焼け止めのように透明なものや白くなるものではなく、お肌の色に合った色の粒子の細かいパールが入ったような下地を仕込みましょう。

ファンデーションをしてもさりげなく輝きを残すことで、「ハイライト」として仕上げにメイクする必要もなく、自然とハイライト効果を出すことができるのです。

 

手順3:使用したベースメイクに合わせたハイライトを選ぶ

最後に乗せることが多いハイライトは、そのハイライトが何タイプのものかによってもまた変わってきます。

    • 【パウダータイプのハイライトを使用する場合】
      ハイライトを乗せる前に、お粉やパウダーファンデーションなどでサラサラにしてからハイライトを乗せる
    • 【スティック、リキッドやクリームのハイライトを使用する場合】
      お粉を乗せる直前にハイライトを乗せる

顔がサラッとしていない状態でパウダー状のハイライトを乗せると固まってついてしまっったり、逆にパウダーをしたお肌にリキッド状のハイライトをすることでヨレてしまいます。

顔に立体感を出すためのハイライトの入れ方

80f3188e6a73f01d50a19ac1e465ecd3_s

立体感を出すには、まず自分のお顔の骨格を知ることが大切です。

そしてどうすることで小顔に見えるかを理解する必要があります。
理想的な顔は、顔の中心が高くフェイスラインに向かうにつれて奥行きが出る骨格。

自分の顔のどの部分がそれに当たるのか、まずは顔をじっくり観察してみましょう。

手順1:ハイライトの前に、ファンデーションをお顔の中心にのみのせる

ハイライトだけで立体感を出すことももちろん可能です。
しかし、しっかりその前のファンデーションの段階から立体感を意識することで、更に小顔効果を出すことができます

ファンデーションを乗せるときは、お顔全体に塗るのではなく、お顔の中心にのせたものをフェイスラインに向かって伸ばすようにのせていきましょう。

フェイスラインまで全体にのせてしまうことでお顔の凹凸を消してしまい、平面的に見せてしまうことに繋がってしまうので要注意です。

 

手順2:自分の骨格に合わせて乗せるポイントを決める

ハイライトは、幅広く乗せるのではなく、ピンポイントで狙いを定めてのせていくものです。

骨格に合わせてのせるというと、頬骨の高いところやTゾーン、顎先などの「骨の高いところ」にのせるイメージがあるかと思います。

目の下や法令線、マリオネットラインなどの、お顔の中心にあるのにも関わらず低くなっているところにピンポイントでのせることで、光を集めて中心を高く見せてくれて、小顔効果を引き立たせてくれるのです。

手順3:しっかりとぼかす

ピンポイントでのせるのですが、その後にのせた部分の輪郭をしっかり指やブラシ、スポンジなどでぼかすようにしましょう。

ハイライトをのせた印象が強くなると「メイクで小顔に見せている」という印象を与えやすくなってしまいます。

ピンポイントでのせた部分に、しっかりを肌に輪郭を馴染ませて自然にぼかしてあげましょう。
メイクで作った小顔ではなく、元々から小顔である印象を作りやすくなります。

 

リキッドタイプでおすすめのハイライト5選

ピンポイントで使えるハイライトから、ハイライト効果のある化粧下地まで幅広く種類があるのがこのリキッドタイプのハイライト。どちらかだけ使うのもあり、両方ハイライトとして使うのもありな優れたハイライトです。

ポール&ジョー イルミネイティングタッチペン

ポール&ジョー イルミネイティングタッチペン

2,638円 (税込)

¥2,600(税抜)全3色(01, 02, 03)

美容液のような滑らかな質感で肌馴染みがとてもいいのが特徴。
3色あるので自分の肌にあったものを選びましょう。

 30代女性におすすめの理由

シワやたるみなどが増えてくる30代女性にとって、シワに入りにくく伸びの良いところがオススメ!幅広くのせてものせ過ぎた印象にはならずに、テクニックを必要としない、誰にでも使いこなせるハイライトです。

ETVOS ミネラルグロウベース

ETVOS ミネラルグロウベース

4,730円 (税込)

30g ¥4,730(税込)

SPF37 PA+++

シリコン・鉱物油・石油系界面活性剤・ナノ粒子・紫外線吸収剤・タール系色素・香料不使用。
石けんで落とすことができるので肌が敏感な方にもご使用いただけます。

 30代女性におすすめの理由

何よりもお肌に優しいのが1番。お顔全体に乗せても全く乾燥が目立たずに、肌が自然と潤ったような印象を作り出してくれる優れものです。ナチュラルメイクの方にオススメです。

SUQQU シマーリクイドハイライター

SUQQU シマーリクイドハイライター

5,200円 (税込)

7.5ml ¥4,290 (税込 )全2色(ライトピンク・ヘルシーゴールド)

ホホバ種子油、オリーブ果実油、マカデミア種子油、ヒマワリ種子油などの天然植物由来のトリートメント成分配合。

 30代女性におすすめの理由

全2色の展開で、イエローベース、ブルーベースの両方の方に合わせることができます。イエローベースのお肌の方はヘルシーゴールド、ブルーベースの方はライトピンクがオススメです。色を合わせることで更にくすみにくいお肌になります。

エレガンス アイクリア カラーベース

エレガンス アイクリアカラーベース

6g ¥4,000(税抜) 全3色(01,02,03)

目元用のファンデーション。上まぶたと下まぶたで塗り分けるタイプの優れもの。
目周りに特化したハイライトとしてお使い頂けます。

 30代女性におすすめの理由

奥目がちの方や、目元に着色してしまっている方、クマなどが目立ちやすい方にオススメの目元用のファンデーション。1本に2色あるので、上と下で使い分けるもよし、片方を乗せた上からもう片方の色味をのせるなど、いろんな使い方ができるさらっとしたハイライトです。

PAUL&JOE ラトゥーエクラ ファンデーションプライマーN

PAUL&JOE ラトゥーエクラ ファンデーションプライマーN

4,370円 (税込)

30ml ¥4,000(税抜)

3種のラベンダーパールの効果で光を放つような肌へ。
スムージングパウダーが肌の凹凸をなめらかに整え、皮脂吸着パウダーでお化粧を崩れにくくします。

 30代女性におすすめの理由

ラベンダー色のツヤが肌を更に美しく見せてくれます。容量も多いので、長持ちするのもポイントです。乾燥しがちな肌の30代女性には保湿力も高いのでリピート必須な一品。

スティックタイプでおすすめのハイライト5選

とても肌に密着しやすいスティックタイプ。サラッとしているわけではないので、指かスポンジ、またはファンデーションブラシなどを使ってのせるのがオススメです。場所も取らないので持ち歩きにも最適です。

3CE SHIMMER STICK

3CE SHIMMER STICK

1,580円 (税込)

10g ¥1,640 全2色(ピーチ・ピンク)

柔らかいクリームテクスチャーで乾燥を防ぎます。
肌に自然と馴染むパール感とシルキーな仕上がりで、お顔だけでなくボディにも使えるハイライト。

 30代女性におすすめの理由

少し付けただけでツヤがパッと広がるハイライト。見た目より肌に馴染むのと、自然なツヤに見えるので、お顔だけでなく、ドレスアップするときなどにデコルテや肩のラインのつけるなどのボディ用としてもオススメです。

ナチュラグラッセ コレクティングスティック 01

ナチュラグラッセ コレクティングスティック 01

3,960円 (税込)

4g ¥3,600(税別)全4色(01,02,03,04)

石油系界面活性剤 / 鉱物油 / タール系色素 / 合成香料 / パラベン / シリコン / 紫外線吸収剤 不使用
ブルーライトを91.3%カットしてくれる優れもの。

 30代女性におすすめの理由

ナチュラグラッセシリーズに多い、ブルーカット効果が高いのも魅力。仕事でPCなどと向き合うことが多い30代女性にはブルーカット効果が実はとても大切。お顔の高い部分だけでもハイライトでカットできるのはこのハイライトでこそ!

RMK グロースティック

RMK グロースティック

2,367円 (税込)

3.4g ¥2,200(税込)

ほんのりピンクがかったヌーディカラーで肌になじみやすく、内側から輝くようなツヤ感。パウダーをオイルでコーティングしているので、どんなタイプのファンデーションに重ねても溶けこむようになじみます。

 30代女性におすすめの理由

お化粧直しでパウダーファンデーションを使う人も多いはず。そんな方にオススメなハイライトがこちら。元がパウダーでできているスティックハイライトなので、とても馴染みやすく、自然にツヤを復活させてくれます。少しだけツヤを仕込みたい時にオススメです。

CHANEL ボームエサンシエル トランスパラン

CHANEL ボームエサンシエル トランスパラン

14,200円 (税込)

8g ¥5,500 2色(トランスパラン・スカルプティング)

肌に濡れたようなつやをプラスするグロウ スティック。頬だけでなく、まぶたや唇などにも使用できます。

 30代女性におすすめの理由

とてもハンディで持ち歩きしやすいハイライト。頬の高いところだけでなく30代に入るとぼやけやすいリップラインなどに、あえてグロスなどではなくハイライトでボリュームやツヤを出すのがオススメです。

アブンダンティア®︎クリーミーコンシーラー

アブンダンティア®︎クリーミーファンデーション

¥3,500 (税抜) 全4色

自分のパーソナルカラーに合わせたコンシーラー。色味が数多くあるので、暗めの色をコンシーラーとして、明るめの色をハイライトとして使うのがオススメ。とても滑らかなテクスチャーなので、潤いを出しながらも一日崩れ知らずの優れものです。

 30代女性におすすめの理由

このコンシーラーがあれば全てが解決すると言っても過言ではないコンシーラー。全部で4色展開で、ブルーベース用に2色、イエローベース用に2色の、種類の豊富さが人気。それそれの色のタイプ別に使い分けることで、パーソナルカラーの効果を存分に生かしたメイクができること間違いなしです。

 

クリームタイプでおすすめのハイライト5選

スティックタイプに少しとろみを加えたような質感のクリームタイプ。1色のスティックタイプと比べて、何色がセットになっているものも多いので、ハイライトと同時にシェイディングやチークとしても使うことができます。一石二鳥なクリームタイプです。

コスメデコルテ ディップイングロウ001

コスメデコルテ ディップイングロウ001

4,290円 (税込)

¥3,500 (税抜)

新感覚の肌の温度でとろけるメルティ感を実現。 肌に溶け込んでいき、しっかりフィットするハイライト。マルチユースで、どんなファンデーションにも溶け込むハイライトとして人気。

 30代女性におすすめの理由

指で触れただけでとろけるようなハイライト。とても細かい粒子が肌にとろけるように密着してくれるので、ぼかしやすく、調整しやすいのが魅力。どんな人でも使いこなせる優れものです。

ETVOS ミネラルハイライトクリーム

ETVOS ミネラルハイライトクリーム

3,850円 (税込)

4g ¥3,850(税込)

天然ミネラル、植物由来のオイルやワックスと美容成分だけでつくられた肌に優しいハイライト。シリコン・鉱物油・界面活性剤・香料・防腐剤不使用で、クレンジングは不要。石けんで落とすことができるので肌が敏感な方にもご使用いただけます。

 30代女性におすすめの理由

こちらも肌に優しいのが嬉しいハイライト。指でスルッとのせることができて、石鹸で簡単に落とせます。ナチュラルメイクが好きな方にオススメなハイライトです。

THREE シマリング グローデュオ01

THREE シマリング グローデュオ01

3,700円 (税込)

¥4,500(税抜)全2色(01,02)

自然なツヤと血色感を描くハイライト&チークベース。光を集めて高く見せたい頬骨や鼻筋、眉骨、唇のヤマの上、目頭、鎖骨に右側の明るい色を。血色感やソフトな陰影が欲しい頬や瞼に右側の色を使いましょう。

 

 30代女性におすすめの理由

ハイライトとしてオススメなのは01。1つのパレットに2色入っているので、ハイライトとチークの両方の役割があるのも魅力。それぞれでも使えて、混ぜることで新しいあなただけの色を作って使うこともできます。02は、ハイライトとシェイディングと使いたい人にオススメ。

rms beauty イルミナイザークワッド

rms beauty イルミナイザークワッド

6,490円 (税込)

4.8g ¥6,200 (税抜)

繊細で上品なきらめきを秘めた4色のハイライターが1つのパレットに。単品で人気だった商品が1つにまとまりました。ハイライトにチーク、アイシャドウやリップにまでオールマイティに使える優れたハイライト。

 30代女性におすすめの理由

元々4色それぞれ単品で人気だったハイライトが1つのパレットになった優れもの。ハイライト、シェイディング、チーク、アイシャドウなど、このパレット1つでマルチに使える多機能ハイライト。

to/one イルミナイザー

to:one イルミナイザー

3g ¥3,300 (税込)全3色(ホワイト・ピンクゴールド・ラベンダー)

タイプの違う3色が揃ったイルミナイザー。その日の気分によって使い分けするだけでもメイクが楽しくなるハイライト。
選び抜いたウチワサボテンオイルとフラワーエキスの強みを用い、日中の肌までも労わります。

 

 30代女性におすすめの理由

全く違う色味の3色を気分や見せたい印象で使い分けるのも楽しみ方の1つ。クールな印象に見せたい時はホワイト、健康的な印象を作りたい時はピンクゴールド、優しい印象に見せたい時はラベンダーなど、試してみて欲しいハイライトです。

 

パウダータイプでおすすめのハイライト5選

ツヤ過ぎず、マット過ぎず、どんな方でも使いやすいのがこのパウダータイプ。お化粧の最後にのせるハイライトなので、お顔全体のバランスをみてつけることができる優秀なタイプです。

ナチュラグラッセ ハイライトパウダー

ナチュラグラッセ ハイライトパウダー

4,180円 (税込)

5.7g ¥3,800(税別)

石油系界面活性剤 / 鉱物油 / タール系色素 / 合成香料 / パラベン / シリコン / 紫外線吸収剤 不使用
石鹸で落とせる肌に優しいタイプ。ブルーライトも82.6%カットします。

 30代女性におすすめの理由

4色のグラデーションになっているハイライトなので、単色で使うもよし、色を混ぜて使うのもオススメです。また、このハイライトも石鹸で落とせるので、肌への負荷が少なく、敏感肌でも使うことかできます。

クレドポーボーテ レオスールデクラ 17

クレドポーボーテ レオスールデクラ 17

8,450円 (税込)

10g ¥8,800(税別)全4色(14,16,17,18)

白ワインとローズを再現した香りがするハイライト。最先端のテクノロジーが生み出す光の動きが絶妙なツヤ感を演出。

 30代女性におすすめの理由

このハイライトを1品持っているというだけで気分が上がる特別なハイライト。お顔にのせるたびに香るほのかなローズの香りがメイク時間を楽しいものにしてくれること間違いなし。

セザンヌ パールグロウハイライト01

セザンヌ パールグロウハイライト01

660円 (税込)

¥600(税抜) 全3色(01,02,03)

プチプラで絶大な人気を持つハイライトの1つ。無香料・無鉱物油・タール系色素不使用・アルコールフリーでお肌に優しいのにも関わらず、パールもしっかり配合されているので、ツヤをしっかり出したい方にオススメ。

 30代女性におすすめの理由

ハイライトに挑戦したことない!という方でも挑戦しやすいプチプラのベストコスメ。プチプラの中でもお肌に優しく、パールのしっかり入っており、肌馴染みの良い色味が特徴のハイライトです。

MAC ミネラライズスキンフィニッシュ ウォームローズ

MAC ミネラライズスキンフィニッシュ ウォームローズ

3,980円 (税込)

10g ¥4,620(税込)全6色

メタリック感のある仕上がりになるハイライト。
チークや頬、眉に、磨きあげたようなハイライト効果をプラスし、ゴージャスな印象を作ってくれます。

 30代女性におすすめの理由

ステージメイクなどにもよく使用されるMACコスメ。ハイライト好きにはたまらないツヤ感と抜群の崩れにくさが特徴のハイライト。ナチュラルメイクからしっかりメイクまで対応できるハイライトです。

ONLY MINERALS ハイライト

ONLY MINERALS ハイライト

3,300円 (税込)

1g ¥2,500(税抜)全3色

プレストされていないタイプのパウダーハイライト。100%ミネラルの輝き成分が肌にも優しく、自然なツヤ感を作ります。

 30代女性におすすめの理由

お粉のように自然とお肌に密着するプレストされていないタイプのハイライト。ピンポイントで使うだけでなく、大きなブラシに少しだけ含ませてお顔全体に満遍なくのせ、ツヤのベールを纏うようにメイクをするのもオススメです。

 

wada

監修者「SHOJI HITOMI」のまとめ

ハイライトは、タイプに合わせた使い方を知ることが使いこなすための1番の近道になります。また、ベースメイクには何を使っているのか、お肌の状態はどうなのか、ハイライトのどの効果を出したいのか、それをしっかり意識することで自分に合ったハイライトを見つけることができます。自分に合ったハイライトを見つて、抜け感のある小顔メイクを楽しんでいきましょう。

おすすめ記事

30代女性におすすめのフレアスカート!大人可愛いを実現するコーディネートもご紹介

履くだけで女性らしい優雅さが演出できるフレアスカート。今年のトレンドフレアスカートや20代との着こなし方の違いや

30代女性におすすめの帽子!種類から選び方までご紹介します

大人の女性が、街でおしゃれに帽子をかぶっている姿を見かけたりします。帽子をコーディネートに取り入れるだけで、なん

30代女性におすすめなブラウス!オフィスでもオフでも使えるアイテムからコーディネートまで!

ビジネスでもカジュアルでも持っていると便利なブラウスですが、定番なデザインを選んでしまいがち。 トレンドも意識

30代女性におすすめのBBクリーム22選!カバー力が抜群の優秀時短コスメ

日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの役割を果たしてくれる利便性の高さで一躍人気となったBBクリームも、今では

30代女性におすすめなシャツ!トレンドから定番のアイテムまでご紹介します!

お仕事スタイルでも、オフの日のお出かけにも、大人っぽく上品に見せてくれるシャツは、30代女性には欠かせないアイテ

30代女性にオススメの財布20選。人気のブランドから長財布、短財布まで!

毎日のように持ち歩く財布は、人目に触れる機会も多いアイテム。おしゃれでセンスのいいものを選びたいですよね。質の高

30代女性におすすめのピンキーリング15選!選び方や意味もご紹介します!

普段指輪は着けないという女性は少なくありませんが、ファッションのひとつに指輪を取り入れたいと思っている人は多いは

30代女性におすすめのトリートメント!悩みに合わせたアイテム10選!!

自分の髪に合ったトリートメントを選ぶコツは、自分の髪の状態をよく知ることです。 パサつき・ダメージ・ボリューム

30代女性におすすめのマネークリップブランド12選!選び方についてもご紹介

かさばる手荷物を見直す30代女性が増えている中、スッキリと収納できるマネークリップに注目が集まっています。さまざ

30代女性におすすめのフットケアアイテム11選!むくみ&ガサガサを撃退してつるすべ足へ!

20代まではフットケアなどは気にもしなかったのに、30代になって人目につかない部分までケアしたいと感じたことはあ