2020/07/16
誰にも言えない悩み    

女性がイキやすいセックスの体位9選!30代は中イキでオーガズムに達しやすくなる…!

女性がイキやすい体位

30代になると、友人とのちょっとエッチな女子トークで、パートナーとのセックスでイッただのイカないだののお話になることもあるでしょう。イク=オーガズムに達する、つまりは性的な絶頂を迎えるということ。でも、実はセックスでイッたことがないという30代女性はかなり多いんです。

大好きなパートナーとのセックスはとても気持ちいいとは感じるけれど、まだイクということを経験していない場合、「私って不感症なのかな?」なんて不安に思うこともあるかもしれませんね。しかし、セックスをする時に多少の工夫をしたり、パートナーの協力を得られれば、イッたことがない人でもイケるようになる可能性があります。

ayakosaito

恋愛コラムニスト

齋藤緑子

関西在住ライター。マッチングアプリを利用して30人以上の男性と出会い、男女関係にまつわる様々な取材を敢行中。恋愛や不倫、セックスなど、誰にも言えない悩みを抱えた女性の心に寄り添います。

関西在住ライター。マッチングアプリを利用して30人以上の男性と出会い、男女関係にまつわる様々な取材を敢行中。恋愛や不倫...

今回はセックスでイッたことがないとお悩みの女性のために、女性がイキやすい体位や、イキやすくなる方法をとことん調べてきました!

不織布三層構造マスク

セックスで中イキしたことのない30代女性は結構多い!?

女性 シーツ

セックスでイッたことのない女性はかなり多いと先に述べましたが、実際はどのくらいなのでしょうか?そして、イケない理由とは一体何なのでしょうか?

中イキしたことのない30代女性は約5割

中イキアンケート

性行為を経験している10代~50代の女性を対象とした、セックスに関するアンケートでは、セックスで中イキしたことのない女性はおよそ6割。

 

年齢別中イキの経験

年齢層別に分けてみると、やはり性的に未熟な10代~20代女性の割合が低く、年齢を重ねるにつれて中イキできる女性の割合が増えていきます。しかし、性的な経験をある程度重ねている年代である30代女性でも、中イキしたことのある女性は5割に満たないという結果が出ています。

 

中イキできないのはなぜ?

女性が中イキできない理由として考えられる理由はいくつか考えられます。

気持ちいい箇所が未開発

まず一つは、膣内で気持ちが良いと感じられる部分が未開発であること。セックスで気持ちが良いと感じる場所がわからないままにセックスをしていると、膣内の性感帯が開発されないのでなかなかイクことはできません。

メンタル的な不安

もう一つは、身体ではなくメンタルの準備が出来ていないということ。セックスで乱れることを恥ずかしいと思っていたり、気持ちよくなりすぎることに不安を感じていると、心が身体にブレーキをかけてしまい、絶頂に達することができません。

つまり、イクためには心と身体の両方が準備できているということが必要なんですね。

セックスでイクためにはどこを刺激したらいい?

目を閉じた女性

ではここから、セックスでイキやすくなるためには女性のどの部分を刺激すれば良いのかを具体的に解説していきます。

クリトリス

中イキを経験したことがない女性でも、クリイキ、つまりクリトリスを刺激することでイクという経験をしたことがある女性は約8割。

クリトリスとは陰核とも呼ばれ、膣口の上部にある突起した部分。男性で言えばペニスに相当する場所です。触れれば確認することがたやすく、刺激することで性的快感を感じやすいのでセックスの前戯で愛撫されることが多いでしょう。

クリトリスでのオーガズムは部分的で快感をおぼえる時間も短いものですが、中毒性がある箇所です。パートナーとのセックスでクリイキを覚えてから、オナニーを日常的にするようになった、という女性もいます。

Gスポット(Gスポ)

Gスポットは女性の性感帯としてよく知られている場所です。膣口から奥へ3~5㎝ほどの場所で、おへそ側にあります。人差し指か中指を根元近くまで挿入し、第二関節を曲げて当たる位置が目安です。触ると少しざらついていて、触れられると少しオシッコがしたくなる感覚を覚えることもあります。

Gスポットは擦られることで刺激され、刺激され続けることで何度もオーガズムを迎えることができます。小さな波のような快感が繰り返されるうちに大きな波になる、というのがGスポットでのオーガズムであるといえるでしょう。また、潮吹きという状態もGスポットを刺激されることで起こります。

ポルチオ

ポルチオという性感帯を聞いたことのない女性も多いかもしれませんね。ポルチオとはGスポットよりもっと膣の奥深く、子宮口近くにある性感帯。男性の性器やポルチオを刺激するためのアダルトグッズでなければ、ここがポルチオであるとは確認しづらい部分です。開発されるまではあまり気持ちいいと感じず、痛みをおぼえることもあります。

ポルチオはGスポットとは違い、擦られるより突かれることで刺激され、快感が湧き上がります。Gスポットでイケる女性でもポルチオでイケるとは限りません。しかし、ポルチオでオーガズムを迎えると、Gスポットを刺激されるよりも深く長い快感を得ることができ、その快感は全身に広がってどこに触れられても快感を覚えるような状態に。

30代女性におすすめ!女性がセックスでイキやすい体位9選

黒い下着のカップル

セックスでイクためには、先に挙げた性感帯を刺激してもらうことが必要です。ここからはどのような体位でセックスをすれば性感帯が刺激されて、イキやすいのかを解説していきます。

正常位

正常位は最もオーソドックスな体位で、男性が女性に向き合い、上から覆いかぶさるようにして挿入します。お互いの顔を見られるので安心感と性的な興奮が得られ、また浅く挿入すればGスポット、深く挿入すればポルチオを刺激することができます。

女性によって性器のつき方、性感帯の場所に違いがありますので、腰の下にクッションを入れたり、少し女性が身体を起こした状態で挿入することで刺激する場所を調節することができます。

座位

座位とは、座っている男性の上に女性がまたがるようにして挿入する体位です。向き合って挿入する対面座位と、女性が男性に背中を向けてまたがる背面座位の2種類があります。女性の体重が結合部にかかることによって深く挿入することができます。男性が激しく動くことがなくても奥深くを刺激されてポルチオが刺激されたり、少し女性が腰をずらしてGスポットを刺激することで中イキに繋がります。

寝バック

寝バックとは普通のバックとは違い、うつぶせになった女性に男性が馬乗りにまたがるようにして後ろから挿入する体位です。女性が脚を閉じることができるので下半身に力が入りやすく、脚をピンと伸ばした状態をつくることができます。オナニーをする際に脚を伸ばしていないとイケない、という女性には寝バックがおすすめ。脚を閉じていると浅い挿入になるのでGスポットが刺激されますし、女性が脚を開いて深く挿入すればちょうど亀頭がポルチオに当たり、イキやすい状態になります。

屈曲位

屈曲位とは、正常位の変化バージョン。正常位の状態から女性の脚を折り曲げ、その上から男性が前かがみになって覆いかぶさる体位のことです。脚を曲げた状態であるため、女性の膣が上を向く形になり、より奥深くまで挿入することができます。男性の肩に脚を乗せるようにすればより密着度が上がり、ポルチオを刺激することができます。

騎乗位

騎乗位とは寝ている男性の上に女性がまたがって挿入する体位です。座位と同じく、女性の体重がかかるので奥深く挿入することができます。

女性が主導の体位なので、女性が自分で動いて気持ちいいと感じる場所をペニスで刺激するよう調整して、女性が膝をついた状態で男性から下から突き上げるようにしてもらえばより深く、女性がしゃがむようにして腰を浮かせれば浅く、といったように挿入の深さに変化をつけることも。

また、向き合って挿入する対面騎乗位ではなく、女性が背中を向ける背面騎乗位もあり、クルリと向きを変えるだけでさまざまな角度で刺激を楽しむことができます。

背面騎乗位

背面騎乗位とは、女性が男性の上に乗るのですが、通常の騎乗位とは反対側を女性が向くこと。要するに男性の足の方に向かって正面になっている状態です。

そのままでも気持ちがいいですが、そのまま女性が男性の上に寝転ぶ形の方がよりイキやすい体位となります。

寝転ぶことにより、 女性の膣が上向きになり、気持ちの良いところにあたります。
本来、騎乗位は女性が動くものですが、背面騎乗位は男性に主導権があります。少しハードルの高い体位ですが、なかなかイケない人は、ぜひ試してみてくださいね。

立ちバック

通常のバックではなかなかイケない…という人にチャレンジしてみてほしいのが、立ちバック。壁などに女性側が手をつき、足を肩幅くらいまで開き、男性側が挿入します。

身長差などにより、少し爪先立ちの必要があったりします。通常のバックよりも女性側の上半身の起こし具合などで挿入の位置を調整できるので、女性側が気持ちの良い部分を探し当てることができます。

また、鏡の前や窓の前などでやると羞恥心も煽られ、Mっけのある女性はそうしたシチュエーションに興奮してイキやすくなるという作用もあります。

背面座位

通常の座位は向き合っていますが、背面座位はその名の通り、女性側が男性に背中を向ける形での座位になります。背面座位は挿入位置というよりも、どちらかというと後ろからクリトリスを刺激してもらったり、胸を攻めてもらえるので、なかなか中イキができないという人でもイキやすい体位になります。

中イキをするというよりも、挿入中に「イク」という感覚をつかみたいカップルにおすすめです。

伸長位

聴き慣れない体位かもしれませんが、ハードルは低めなのにイキやすい体位なのでおすすめです。通常の正常位で女性が足をまっすぐ伸ばしたまま挿入する体位になります。

挿入自体は浅くなってしまいますが、ピストンの際にクリトリスを刺激することができるので、中イキはできないけど、クリイキはしたことがある、などの女性におすすめです。いつもと少し体位を変えてみたいという方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

セックスでイクために必要なこと

イクために必要なこと

パートナーとイキやすい体位を試すのも重要ですが、その前に少し準備をしておくともっとセックスが気持ちよくなり、イキやすい状態にしておくことができます。

ムードを高めておく

セックスでイクためには、女性が充分に濡れた状態でセックスをすることも欠かせません。セクシーな場面のある映画を観たり、たっぷりと時間をかけてイチャイチャしたり、いざセックスをするまでにムード作りをしましょう。まずはメンタルから気持ちよくなる準備をしておくと、女性の身体が反応しやすくなり、前戯で濡れやすくなります。充分に濡れていると挿入もスムーズにできますし、心も身体もが準備万端なので快感をおぼえやすい状態に。

パートナーと深い信頼関係を築く

セックスで快感を覚えたり、乱れたりするのが恥ずかしい。または自分がどうなってしまうのかわからないから不安、という女性は、まずはパートナーと深い信頼関係を築くことから始めましょう。自分のことをよく理解してもらい、もちろん自分も相手をよく理解したうえで、相手に自分の全てをさらけ出して身を任せてもいい、と思えるようになってからその先に進むようにすれば、セックスに対して前向きになれます。

セックスに前向きになれば、そこから色々な体位を試したり、イケるようにするにはどうすればいいのかを二人で考えることもできます。今までイッたことのなかった彼女が自分の腕の中で初めてイクことを覚えたら、それはパートナーにとっても非常に喜ばしく、より愛おしいと思ってくれて、ふたりの絆も深まります。

身体が感じやすくなっている時期にセックスする

女性の性欲は緩やかに高まり、緩やかに静まっていきます。性欲が高まっている時期にセックスをすれば普段よりももっと快感をおぼえることができるものです。一般的に女性はホルモンバランスの関係で、生理終了後から排卵日が近くなるにつれての約1週間のあいだは性欲が強まり、身体がより敏感になりやすくなると言われています。また、女性によっては生理前に性欲が強くなることも。

ホルモンの働きは女性によっても違いますので、自分なりに性欲が強くなったり、身体が敏感になる時期を把握しておいて、一番感じやすい時期にセックスをすれば普段よりもイキやすい、準備万端の状態でのぞむことができますね。

先にクリイキしてから中を攻めてもらう

女性の身体は非常に神秘的なもので、性的興奮をおぼえると子宮口が下がってくるという現象が起きます。これはバルーン現象というもので、女性がクリイキなどで性的に興奮すると、通常は細長い形状である膣から子宮へ繫がる道が丸く膨らみ、子宮口が下がってくるのです。子宮口が下がると挿入でポルチオを刺激しやすい状態になるため、中イキしやすくなります。

ですから、挿入をする前にクリイキしておくとより性的興奮が高まり、バルーン現象が起きてイキやすい状態になるという訳ですね。またクリイキをすることでたっぷり濡れて挿入がスムーズになったり、脳がより深い快感を求めてセックスに解放的になるという利点もあります。

自分で気持ちいいと感じる場所を開発しておく

中イキをしたことのある女性の半数は、ひとりエッチをして自分で自分の性感帯を開発した経験があるといわれています。自分がGスポットを気持ちいいと思うのか、それともポルチオなのか、もしくはどちらも気持ちよく感じるのか、自分の指や中イキ専用のアダルトグッズなどで開発しておくと、ひとりエッチだけではなくパートナーとのセックスでもその場所を刺激できる体位を試すこともできるので、中イキしやすくなります。

また、パートナーとのセックスの際に、なんとなくここが気持ちいいかな、と思った場所があればそこが性感帯です。ひとりエッチでじっくりとその場所を開発してみましょう。ポルチオは指では届きにくい場所なので、バイブやディルドなどのある程度長さのあるアダルトグッズで刺激するのがおススメです。

イクことを覚えて、セックスで満たされよう

抱き合うカップル

女性にとってセックスでイクこと、つまりオーガズムには嬉しいメリットがたくさん。女性ホルモンが分泌されてキレイになったり、快感をおぼえることでストレス解消になったり。また、心と身体が深く結びつくことによってパートナーとの絆がより強まることもあります。自分の快感よりも、彼女がイクところを見るのが幸せだという男性は少なくありません。気持ちのいいセックスとは、心も身体も満たされる非常に素晴らしいものなのです。

ayakosaito

監修者「齋藤緑子」のまとめ


自分でメンタルや体調を整えたり、パートナーに協力してもらってイキやすい体位を試すなどして一度オーガズムに達することができれば、心と身体が覚えているのでその次もイキやすい状態になります。ふたりのセックスライフをより充実したものにするためにも、中イキするためにできることを進んで試し、心も身体も開発していきましょう。

おすすめ記事

30代女性が上司と関係を持ってしまったら!?その後の対処法とは

30代にもなると、仕事に打ち込んである程度キャリアを積んでいたり、社内でもそれなりの地位にいたりするのではないで

30代女性に人気のエロメン10選!自分好みのイケメンAV男優を見つけよう!

AVといえば、男性が観るものというイメージがありませんか?女性にとってはちょっと見るに堪えないシーンが沢山あった

【30代女性向け】虚無感の意味とは?人生に無気力になってしまう原因と解消法を徹底解説!

「何をするにもやる気がでない」「価値を感じることができない」といった「虚無感」を感じることはありませんか?このよ

【30代女性向け】「楽しいことないかな?」という時におすすめの楽しいこと25選!楽しむためのコツも徹底解説

「楽しいことないかな」といつも考えてしまう女性は、日々の中でつまらないと感じることが多いのかもしれません。楽しい

30代女性はマンネリを感じている?!原因究明とおすすめのマンネリエッチ解消法

恋愛に刺激ばかりを求めていた20代の頃とは違い、30代になるとひとりの相手とじっくり大人のお付き合いをしていると

【30代向け】なんでもマウントする「マウンティング女子」とは?意味や実例・効果的な撃退方法を徹底紹介

あなたの周りに、常に「自分の方が優れている」とアピールしてくる女性はいませんか?30代の女性ならそんなマウンティ

性癖が変な30代女性は意外と多い?!パートナーにカミングアウトできますか?

年齢を重ねるごとに様々な経験も重ねてきて、近頃自分の性的嗜好、つまり性癖が変なのではないか、こんなことを好むのは

非日常感を味わおう!30代女性におすすめのコスプレセックス10選

パートナーとの関係がそろそろ落ち着いてきて、最近ちょっとマンネリ化していたり、刺激が欲しいと思ったりする30代女

【チェック診断】毒親の特徴とは?毒親育ちの30代女性にありがちな特徴と幸せになるための方法を徹底解説

あなたは毒親と呼ばれる親を知っていますか? 毒親とは最近テレビでも取り上げられることが増えた言葉で、子供に

30代女性におすすめのソフトSMプレイ7選!初心者でもできるプレイとは?

パートナーとのセックスは安心感があって好きだけど、最近ちょっとマンネリ化してるかも…とお思いの30代女性はかなり